PEOPLE&JOB

知的財産|市川 裕康

東京エレクトロン
2000年入社
工学部 電子工学科 卒

入社1年目から勉強の連続

知的財産部の業務は主に2つあります。ひとつは自社の技術を特許出願して知的財産を守ること。もうひとつは、すでに登録されている他社や自社の特許を分析することです。私は入社以来、後者の分析業務に携わっています。自社の技術開発が他社の特許を侵害しないように製品を設計したり、必要に応じてライセンスを取得するためのサポートを担当します。また、自社の技術が他社に侵害されないための管理も行います。

入社1年目から、とにかく勉強の連続でした。工学部出身なので技術の基本的な知識はありましたが、法律の知識はありません。そこで、最初は先輩について、知的財産の仕事全体を覚えることから始まりました。さらに特許関連の書籍や論文を読んだりしながら、知識を蓄えていきました。努力の甲斐あり、2年目にはある製品の分析をはじめて任され、社内の技術者や社外の専門家とやり取りする機会が増えていきました。以降、担当する製品を変えながら、一通りの製品知識を身につけることを目標に業務に取り組んでいます。

市川 裕康|Hiroyasu Ichikawa

自己研鑽を積み知財のプロフェッショナルに

特許の分析が私の主な仕事ですが、出願業務を担当することもあります。当社の製品は最先端技術の集合体です。技術者と共に高度な技術を知的財産権として形にし、技術と権利の両面から唯一無二の製品を作りあげることができるのも喜びのひとつです。ある重要な技術について、特許庁審査官や裁判官と意見が分かれたとき、論理立てて粘り強く説明した結果、私の意見が認められたときには、達成感を覚えました。

私は自主的に勉強を重ね、「知財検定」の2級と1級を取得しました。アメリカ、韓国、台湾、中国など世界各国に同じように特許があるので、各国の特許を読んだり、現地の専門家と打ち合わせをしたりするために、英語の勉強は欠かせません。また、特許事務所主催のセミナーや判例研究会などに積極的に参加することで、法律関係の知識を補うようにしています。これからも勉強を続けて経験を積み、当社の事業を支える重要なポジションの一員を担っていきたいです。

学生の皆様へのメッセージ

学生の皆様へのメッセージ|市川 裕康
  • 社員一覧に戻る
  • ページの先頭に戻る