No.003 最先端テクノロジーがもたらす健康の未来 ”メディカル・ヘルスケア”
Topics
ライフスタイル

高齢化社会をサポートする介護ロボット

  • 2012.11.12
  • 文/石井 英男

高齢化社会に向かう中、ロボットの応用分野の一つとして有望視されているのが、介護を助ける介護ロボットや歩行などの日常生活をアシストしてくれるアシストロボットだ。特に日本が進んでいる分野でもあり、すでに実用化されている製品もある。ここでは、介護ロボットやアシストロボットの現状と、今後の動向について解説する。

超高齢化社会に向かう中、
介護ロボットやアシストロボットの開発は急務

日本が抱えるさまざまな問題の中でも、少子高齢化は深刻な問題である。2010年の高齢化率(65歳以上の人口が総人口に占める割合)は23.1%に達しており、世界でも類のない超高齢化社会になっている。今後もさらに高齢化は進むと予測されており、高齢者や身体が不自由な人を、どう介護していくかが大きな課題である。人間の介護には、多大な労力が必要であり、高齢者が高齢者の介護をせざるを得ない状況が増えてくることを考えると、介護を助けてくれる介護ロボットや、歩行や食事などの日常生活をアシストしてくれるアシストロボットの開発は急務である。また、一人暮らしの老人では、話し相手になってくれる癒やし系ロボットに対する需要も高まるだろう。

そうした事情もあり、日本では、介護ロボットやアシストロボットの開発に力を入れる企業や研究機関が多く、中にはすでに実用化されているものもある。そこでまず、介護ロボットやアシストロボットの現状を解説したい。

ベッドや車いすをロボット化することで移乗の負担を軽減

車いす生活を送っている人を介護する場合、要介護者を車いすからベッドへ、また逆にベッドから車いすへと移乗させる必要があるが、こうした移乗介助は力と技術が要求され、下手をすると要介護者が転倒して怪我をしたり、介護者が腰を痛めてしまうこともある。そこで、こうした負担を軽減するために開発されているのが、トヨタの「移乗ケアアシスト」ロボットやパナソニックの「ロボティックベッド」である。

トヨタの移乗ケアアシストロボットは、体重保持用アームとアシスト台車を組み合わせたもので、要介護者の持ち上げ/下ろしを行うパワーアシスト機能と人を運ぶ際の移動アシスト機能を備えている。パナソニックのロボティックベッドは、電動ケアベッドと電動車いすが融合したもので、利用者自らの操作で電動車いすと電動ケアベッドを簡単に合体/分離できることが特徴だ。

移乗ケアアシストとロボティックベッドは、2013年以降の実用化を目指して開発が進められており、介護関係者の期待も大きい。パナソニックは病院まるごとロボット、家まるごとロボットというコンセプトを打ち出している。

トヨタの「移乗ケアアシスト」ロボットの写真
[写真] トヨタの「移乗ケアアシスト」ロボット。トイレでのオムツ換えの介助も行える
パナソニックの「ロボティックベッド」の写真
[写真] パナソニックの「ロボティックベッド」。電動ケアベッドと電動車いすが融合したもので、合体するとベッドモードに、分離すると車いすモードになる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

Copyright©2011- Tokyo Electron Limited, All Rights Reserved.