No.004 宇宙へ飛び立つ民間先端技術 ”民営化する宇宙開発”
Scientist Interview

2023年、
人類火星移住計画

2013.04.22

バス・ランスドルプ (マーズワン・プロジェクト (Mars One) 共同設立者
およびジェネラル・ディレクター)

2023年に人類を火星まで送り届ける計画が始まった。それも片道切符でだ。世界中から公募で宇宙飛行士を選び、トレーニングから火星着陸までの一切をテレビ番組でリアルタイムに放映することによって資金を得る。斬新なビジネスモデルの上に、既にあるテクノロジーを組み合わせて火星移住計画をデザインするのは、オランダの民間ベンチャー企業だ。注目の若き創立者に、日本のメディアで初めて取材陣が訪れ、計画の全貌を聞いた。

(インタビュー・文/瀧口 範子 写真/Jeroen Bouman)

世界中から技術を調達して統合する

火星コロニーのイメージパースの写真
[写真] 火星コロニーのイメージパース
Credit:Mars One / Bryan Versteeg

──マーズワンは火星に人間を送るミッションを計画する組織ということで、宇宙船の工場のような場所を想像してきましたが、ここはごく普通のオフィスですね。

マーズワンは、自社で宇宙船を作るようなことはしません。すでにあるテクノロジーをパズルのように組み合わせて用いるというやり方でミッションを構想しています。まずミッションを立ててから、さてどこから要素を調達しようかと考えたのではなくて、すでに実現のためのテクノロジーはあると確証を得て、ミッションを立てたのです。火星に宇宙船を飛ばすための機材の要素はアメリカ、カナダ、イタリア、イギリス、オランダなど世界中の国々から調達します。

──火星に到達する宇宙船や、火星で人間が住むために必要なテクノロジーはかなり複雑なものだと思いますが、それらすべてがもう手に入るようになっているということですか。

そうです。すでに確立されているか、あともう一歩の段階です。たとえば、ロケット部分の調達先として話を進めているスペースXは、すでに国際宇宙ステーション(ISS)まで何度か無人ロケットを飛ばすのに成功しています。おそらく人間が乗船していても生き延びたでしょう。現在の「ファルコン9」は、コアの上部にカプセルが載ったもので、次のロケットはコアがもう2つ脇に付いた「ファルコン・ヘビー」となる計画ですが、そのコア自体は最初のものとそう変わらないのです。スペースXからもうひとつ調達を考えているのは着陸カプセルで、これはISSから地球へ帰還する際に用いられているものと似ています。現在のものは半径3.6メートルですが、われわれには5メートルのものが必要です。この2つがテクノロジー面でまだ完全に確立していない要素で、その他の要素、つまり生命維持装置、ローバー(自動探索車)、火星用の宇宙服などはすべて実現済みです。もちろん、特定の用途のために開発や調整が必要なものもありますが、ゼロから発明しなければならないものはありません。

スペースXから購買予定の火星への着陸カプセルと、半自律走行するローバーの写真
[写真] スペースXから購買予定の火星への着陸カプセルと、半自律走行するローバー
Credit:Mars One / Bryan Versteeg

──そうした要素を別々に集めて、統合するということですね。

要素と言っても、部品を調達するのではなく、火星へのロケット発射と着陸の「サービス」を買うということです。したがって、ロケット製造のプロセスにわれわれが手を触れることはありません。その意味で、スペースワンはアメリカの航空宇宙局(NASA)やヨーロッパ宇宙機関(ESA)とはまったく異なる組織です。彼らは政治的な組織であるため、国内や域内の複数の企業から部品を調達することが課せられ、実際に統合しようとするとうまく噛み合ないといったこともよくあったのです。また外にもっと優れた機材要素があっても、それを使うこともできなかった。しかし、国際的な組織であるスペースワンは、専門家の意見も取り入れながら世界のどこで最高のシステムを調達できるかを探します。そうすることで、NASAやESAよりも安く迅速に主要な要素を集めることができるのです。

──スペースワンは火星に人が住むためのミッションですから、居住のための要素も必要ですね。

はい。そのためには着陸船のカプセルと風船のように膨らむ居住ユニット、人間の到着前に前哨基地を整えておくロボットアーム、火星用宇宙服などがあり、また人間が地球から火星まで乗っていく小さな宇宙ステーションも必要です。

──ミッションは2023年に開始されるとのことですが、この時期はどのようにして特定されたのでしょうか。

もともと火星に宇宙船を送るのに適した時期は、地球と火星の軌道の位置上、26ヶ月に1度しかやってきません。それも2、3ヶ月の間だけです。最初に宇宙船ドラゴンを宇宙から火星に着陸させ、テクノロジーに問題がないことを証明するデモンストレーションが必要です。次に、ローバーを搭載したミッションを行い、居住に適した位置を探します。だいたいこのあたりという場所は把握していますが、平地で土壌に十分な水分があるところを特定しなければなりません。そして2020年には、大量の貨物が到着します。居住ユニット2機、生命維持装置ユニット2機、追加のローバー1台などです。ローバーは重要な道具なので、予備が必要です。そしてもう1度、必需品を送れば、人間が到着する準備が完了します。この最初のデモンストレーションができるのが2016年、次のローバーを送り込むのが2018年、貨物が2020年、そして人間が飛び立つのが2022年で、彼らが火星に到着するのが2023年となります。

居住ユニットの写真
[写真] 居住ユニットは着陸カプセルの背後に建設され、そこに生命維持装置ユニットがつながれる。
Credit:Mars One / Bryan Versteeg 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

Copyright© Tokyo Electron Limited, All Right Reserved.