第2四半期連結累計期間の業績予想値と実績値との差異及び通期連結業績予想の修正並びに剰余金の配当(平成29年3月期中間配当)及び配当予想修正に関するお知らせ

決算 2016年10月28日

 平成28年5月12日に公表した第2四半期連結累計期間の業績予想値と実績値との差異及び通期連結業績予想の修正について、お知らせいたします。
 また、平成28年10月28日開催の取締役会において、平成28年9月30日を基準日とする剰余金の配当(平成29年3月期中間配当)を行うことを決議し、通期連結業績予想の修正に伴い平成29年3月期期末配当予想を修正いたしましたので、併せてお知らせいたします。

1.業績予想値と実績値との差異及び通期業績予想修正について
(1)平成29年3月期第2四半期(累計)連結業績予想値と実績値との差異(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
  売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する四半期純利益 1株当たり
四半期純利益
前回発表予想 (A) 百万円

330,000

百万円

49,000

百万円

49,000

百万円

29,000

円 銭

176.79

今回実績 (B) 352,722 60,012 62,365 41,966 255.83
増減額 (B-A) 22,722 11,012 13,365 12,966

増減率(%) 6.9 22.5 27.3 44.7

(ご参考)前期第2四半期実績(平成28年3月期第2四半期) 340,951 61,250 62,384 41,376 238.10


(2)平成29年3月期通期連結業績予想の修正(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
  売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1株当たり
当期純利益
前回発表予想 (A) 百万円

714,000

百万円

124,000

百万円

124,000

百万円

85,000

円 銭

518.18

今回修正予想 (B) 762,000 140,000 142,000 100,000 609.57
増減額 (B-A) 48,000 16,000 18,000 15,000

増減率(%) 6.7 12.9 14.5 17.6

(ご参考)前期実績(平成28年3月期) 663,948 116,788 119,399 77,891 461.10

(3)差異及び修正の理由
 平成29年3月期第2四半期連結累計期間の業績につきましては、主力の半導体製造装置事業の受注が堅調に推移し、売上高の増加に伴う利益率の改善により、第2四半期連結累計期間の業績は前回発表予想を上回りました。通期の連結業績予想につきましても、足元の受注状況に鑑み、引き続き市況は好調に推移することが見込まれることから、上記のとおり上方修正いたします。

2.剰余金の配当(平成29年3月期中間配当)及び配当予想修正について
(1)配当の内容
 

決定額

直近の配当予想
(平成28年5月12日発表)

前期実績
(平成28年3月期中間)

基準日

平成28年9月30日

同左

平成27年9月30日

1株当たり配当金

128円00銭

89円00銭

125円00銭

配当金の総額

20,999百万円

20,823百万円

効力発生日

平成28年11月28日

平成27年11月30日

配当原資

利益剰余金

利益剰余金


(2)配当予想の修正について
 

             年間配当金

  第2四半期末 期末 合計

前回予想
(平成28年5月12日発表)

円 銭

89.00

円 銭

171.00

円 銭

260.00

今回修正予想

177.00

305.00

当期実績

128.00

前期実績
(平成28年3月期)


125.00


112.00


237.00


(3)理由
 当社の配当政策は、業績連動型配当を基本としておりますが、平成28年3月期より配当性向を見直し、親会社株主に帰属する当期純利益に対する配当性向50%を目処としております。
 本日公表のとおり、直近予想に対して当第2四半期連結累計期間の親会社株主に帰属する四半期純利益が改善したため、中間配当の増額修正を行います。また、通期連結業績予想の修正に伴い、上記のとおり期末の1株当たり配当予想を修正いたします。

※業績見通し等の将来に関する記述は、国内及び諸外国の経済状況、各種通貨の為替レートの変動、業績に影響を与えるその他の要因等現時点で入手可能な情報をもとに、当社が合理的であると判断した一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。これらは、市況、競争状況、新製品の導入及びその成否、並びに半導体関連業界の世界的な状況を含む多くの不確実な要因の影響を受けます。
従って、実際の売上高及び利益は、記載されている予想数値とは大きく異なる場合がありますことをご承知おきください。



ニュース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 出展イベント
  • TELメールマガジン