ごあいさつ

世界最高の半導体製造装置メーカーを目指して

東京エレクトロン東北は、近年目覚しい進化を続けるスマートフォンやパソコン、テレビなどの電子機器に使用されている半導体をつくる装置のメーカーとして、1968年にその前身となる会社が設立されました。以来、40年以上にわたりチャレンジとイノベーションの歴史を歩み続け、常に顧客第一主義を実践しながら、お客様が求める性能・品質を満たす優れた製品をタイムリーに提供し続けています。

当社は、シリコンウェーハ上に機能素子を作り込む熱処理成膜装置(熱処理酸化・拡散装置、CVD(Chemical Vapor Deposition)装置)の開発・製造を行う半導体製造装置メーカーとして成長し、この分野では圧倒的な世界シェアを誇っています。

これは、お客様に喜んでいただける魅力ある装置を提供することに誇りと自覚を持ち、失敗を恐れないチャレンジ精神と、その知恵と技術を最大化するためのチームワークを大切にする社員一人一人の信念が原動力となっています。

電子機器産業は今後も私たちの生活をより豊かにするために必要不可欠な産業であり、それを支える半導体製造装置業界は、微細化技術やクリーン化技術、新材料プロセス技術の研究開発などに積極的に挑戦し、今なお技術革新を繰り返しながら成長し続けています。

当社は、これからも全社一体となってその使命感を共有し、お客様の声に耳を傾け、市場環境の変化に迅速に対応していきます。また、地球環境に優しい「ものづくり」を通じ地域や社会へ貢献するという理念のもと、世界最高の半導体製造装置メーカーを目指して努力してまいります。

今後とも皆様の変わらぬご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 佐々木 貞夫

会社案内

  • コーポレートメッセージ
  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 事業所案内
  • 沿革