エレキエンジニア
有働 龍一RYUICHI UDO
開発本部 エレキ技術部
SPEプラットフォーム技術グループ
2013年入社 電気電子工学専攻

エレキエンジニアとして、常に自主的な提案を心掛けているという有働さん。
プロジェクトを率いるリーダーを目指し、経験を積む日々を送っています。

働きやすい環境で、
スペシャリストの道を歩む。

TELで働く友人から「とにかく社内の風通しがいい」と話を聞き、エレキエンジニアとしてTELを志望しました。入社すると、エンジニア同士の交流も多く聞いていた以上に雰囲気が良くて、とても仕事しやすい環境と感じました。

研修期間中は、お客さまの工場で当社の装置を立ち上げる作業を新人研修の一環としておこないました。その際、若手にも関わらず先輩から一定の仕事を任され、若手にもどんどん仕事を任せるといったTELの特徴的な社風を感じることができました。もちろん、その際には多くのことを学ぶことができたのは言うまでもありません。私はいまの部署に配属になって4年目ですが、メインで担当する装置をもたせてもらい、日々やりがいを感じています。

私は、塗布現像装置の回路開発を担当しており、装置を実際に動かすための配線や配電など、エレキ全体のコンセプト設計を受け持っています。開発にあたっては、メカやソフトといった各部署の担当者が集まりチームを立ち上げて仕事を進めます。チーム内のエレキエンジニアは私一人で、装置全体の電気設計を担う責任が大きくプレッシャーを感じますが、それ以上に一人前のエンジニアとしての楽しさを実感しています。

自ら提案することで、
エンジニアとしての
醍醐味を知る。

エレキエンジニアの業務は幅広く、ネットワーク通信系、ACなどの電源系、信号などを担当し、センサーやモーターを駆使しながら機能を作り上げます。

自分の提案次第では、半導体製造装置の性能がどんどん向上していくこともエレキエンジニアの醍醐味の一つだと思います。努力が伴う分、うまくいったときは感慨深いものがありますし、自分の提案がチームやお客さまに採用されるのはとてもやりがいを感じます。

他にも、以前にある案件でソフト開発にも携わっていた経験から「プログラムにこういう機能を追加しては」とチームに提案してみたことがあります。すると、その提案が実際のプログラムに反映されたことがありました。ただ言われたとおりに自分の業務をやるのではなく、より良い製品をつくるために自発的に提案することで、仕事が格段におもしろくなることを実感できた瞬間でした。

目指すのは、
プロジェクトチームを
束ねるリーダー。

新人の頃は目の前の業務を必死にやるだけでしたが、進め方が分かってくるにつれ任せてもらえる案件も徐々に増えてきました。同時進行する場合には優先度を自ら決めなければなりませんが、そのさじ加減も少しずつ分かってきました。いまでは小さな開発案件を含めると7、8件を担当しています。

最近はトラブルの原因分析にも手応えを感じています。怪しい点を調べたり、お客さまのそばで活躍しているフィールドエンジニアに確認しながら、原因を絞り込めるようになってきました。電気は目に見えないものなので、トラブルの原因を解明するのにも以前は時間がかかっていましたが、自分でエレキ全体の設計を担当するようになったことで、装置全体の電気の働きを把握する目を養えたのだと思います。

今後の目標は、プロジェクトリーダーを経験することです。同じグループの先輩が、リーダーとしてプロジェクトをまとめあげていく姿に憧れています。私もいろいろな職種のエンジニアの意見や長所を生かし、TELの挑戦的なプロジェクトを推進していける人材になれたらと考えています。