方針と体制

人材についての考え方

企業の発展には、その根幹をなす社員一人ひとりが創造性・積極性・柔軟性および情熱と責任感を持つことが必要です。東京エレクトロングループは、多用な人材が存分に能力を発揮できる企業であることを目指します。

人事方針

  1. 人権の尊重

    個人の人格と個性を尊重し、人権を損なうようなことのない職場環境づくりを行います。

  2. 人材の多様性

    性別、国籍、年齢、人種、信条、宗教などによる価値観の違いを尊重し理解するとともに、多様な人材が存分に能力を発揮できる企業となることを目指します。

  3. 人材の育成

    社員一人ひとりが価値創出の源泉であると考え、社員の能力開発を支援します。

  4. 評価と処遇

    成長意欲をもつ社員に活躍の場を提供し、成果を挙げた社員に報いることができるよう、公正な能力評価と処遇を行います。

  5. 労働安全衛生

    安全・衛生の確保を最優先し、事業所に勤務する人が安全に働き、周辺地域の皆様にも安心いただける環境を維持します。

  6. ワーク・ライフ・バランス

    仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を実現するための取り組みを行います。

体制

当社では、企業価値を最大化するために、全社員が自由闊達な雰囲気の中で個々の能力を最大限に発揮し、いきいきと活動できる組織を目指しています。 また、事業環境の変化にも迅速かつ柔軟な対応を行えるよう、最適な組織体制を整えています。
人事部門においては、本社および各グループ会社の人事部が連携し、国内HR(Human Resources)会議*1を毎月一回、グローバルHR会議*2を年二回開催しています。 これらの会議を通じて、組織ミッションの共有および目標設定、活動状況の共有、課題についての協議などを行っています。 この管理体制により、全社的観点でリスクを把握し、適切な対応の実施とグループ内への展開、浸透を図っています。

*1 国内HR会議:国内グループ各社の人事部長および主要担当者で構成する会議体
*2 グローバルHR会議:国内および海外各社の人事部長および主要担当者で構成する会議体

関連情報