トップメッセージ

夢のある社会の発展に向けて

夢のある社会の発展に向けて

2016年1月に代表取締役社長・CEOに就任いたしました河合でございます。
ステークホルダーの皆さまには、日頃よりご支援とご愛顧を賜り、心から御礼申し上げます。

ご存知のとおり、昨年9月の国連総会にて持続可能な開発目標(SDGs)が全会一致で採択され、また12月には国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で、2020年以降の温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」が正式に採択されました。持続可能な社会の実現に向けて、グローバルなパートナーシップによる全員参加型の取り組みが始まっています。社会では、従来からのPCやモバイル端末に加え、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)時代を迎えようとしています。この新時代到来の一翼を担うのはまさに半導体であり、それを支えるのが製造装置の革新的な技術です。

このような背景のもと、当社では昨年7月に2020年3月期までの事業目標を定めた中期経営計画を策定いたしました。創立時から継承されている徹底した顧客第一主義に加え、開発部門を集約、一元化することにより、個々のビジネスユニットのもつ多様な技術を融合できる体制を整えました。付加価値の高い製品を創出し、お客さまから世界一の評価を受け、さらなる収益力の向上を目指します。

また昨年12月には、東京エレクトロン コーポレートガバナンス・ガイドラインを制定いたしました。

当社の主なガバナンスの特徴は、
・取締役会における自由闊達な議論を重視し、運営していること
・経営の公正性、実効性、透明性を確保していること
・経営戦略の立案、推進機関として、CSS(Corporate Senior Staff)を設置していること
です。「攻めのガバナンス」のもと、さらなる成長を目指します。

当社の基本理念は "最先端の技術と確かなサービスで、夢のある社会の発展に貢献すること" です。半導体製造装置およびフラットパネルディスプレイ製造装置のリーディングカンパニーとして、社会の諸問題の解決に貢献すべく尽力していく所存です。 今後とも皆さまの一層のご支援とご愛顧を賜リますよう、よろしくお願い申し上げます。 

東京エレクトロン株式会社
代表取締役社長・CEO
河合 利樹



CSR

  • トップメッセージ
  • 東京エレクトロンのCSR
  • イノベーション
  • 安全
  • 品質
  • 調達
  • 人と職場
  • 環境
  • 社会貢献
  • コーポレートガバナンス
  • リスクマネジメント
  • コンプライアンス/倫理基準
  • 社会からの評価
  • サステナビリティレポート
  • CSRデータ(環境)
  • CSRデータ(社会)
  • 国連グローバル・コンパクト
  • 東北大学 知のフォーラム