東京エレクトロンのCSR

東京エレクトロングループが優れた製品、技術、サービスの提供を通して社会の発展に貢献していくためには、企業として健全かつ持続的な成長を遂げていくことが最大の社会的責任であると考えています。そのため、高品質な製品・サービスを提供することはもとより、誠実で公正な企業活動、安全と環境保全の追求、人権や倫理の尊重、危機管理、企業統治、コンプライアンス等の観点からも高く評価される企業でなければなりません。東京エレクトロングループは、これからもステークホルダーの皆さまのお声を真摯に受け止め、CSR方針に基づく取り組みを実行してまいります。

CSR方針

東京エレクトロンにおけるCSR の推進は、創立以来大切にしている基本理念を体現する取り組みです。当社では、企業統治や法令遵守、倫理などの観点から持続可能なオペレーションを追求するとともに、製品やサービスの提供による新たな価値の創造により、社会的課題の解決に貢献すべくCSR 活動を展開しています。これからもCSR 活動を通してステークホルダーの皆さまとの信頼関係の構築に努め、企業価値を向上させることで、持続可能な夢のある社会の発展に貢献したいと考えています。

ステークホルダーコミュニケーション

企業活動は、ステークホルダーの皆さまや社会とのコミュニケーションにより成り立っています。当社は、事業の展開には、ステークホルダーの皆さまと信頼関係を構築することが不可欠だと考えています。事業活動の進捗や将来の方向性について理解を深めていただくため、定期的な説明会やウェブサイトなどを通じて、公正で即時性の高い情報開示を心がけています。また、さまざまな分野の交流会や連絡窓口を通じて、ステークホルダーの皆さまの意見や期待を的確に把握し、早い段階で事業活動の検討や展開に反映させるよう努めています。これらの取り組みを通じ、事業活動における潜在的な社会的課題や環境課題を軽減するとともに、将来の優位性や競争力の向上を目指し、継続的な事業活動に取り組んでまいります。

事例

技術交流会

当社では、ビジネスユニット別、マーケット別、地域別など年間を通して大小さまざまな技術交流会を実施しています。これらの技術交流会は情報共有 や多面的なコミュニケーションの場として、参加されたお客さまおよび当社の社員から好評を得ています。このようなコミュニケーションネットワーク により情報資産を有効活用し、イノベーションの創出や付加価値の高い製品やサービスの提供に努めています。

国際的CSRイニシアティブへの参画

東京エレクトロングループは、広い視野に立ったCSRの課題に取り組むため、さまざまなイニシアティブに積極的に参画しています。

・国連グローバル・コンパクト

東京エレクトロンは、2013年7月、国連グローバル・コンパクトに加盟しました。
国連グローバル・コンパクトが掲げる10原則を支持し、
持続可能な社会と企業の共生に取り組んでいます。


・自社におけるEICCの取り組み

東京エレクトロンは、2015年6月にEICC (Electronic Industry Citizenship Coalition) に加盟しました。EICCは、国際社会を取り巻くさまざまな課題に電子業界として取り組む団体です。当社は、労働、安全衛生、環境、倫理およびEICC行動規範の実行を確実にするため、包括的なマネジメントシステムに従い取り組みを進めるとともに、他加盟企業との連携や有識者との協働を通じ、業界全体が社会的責任を果たす環境づくりの推進に努めています。

当社では、各国法規制、国際規格ならびにEICC行動規範をふまえ自社の倫理基準や関連方針を制定しています。また、取り組み状況を確認するために、事業プロセスを定期的に評価しています。具体的にはEICCが提供するSAQ (Self-Assessment Questionnaire)を用いて、本社および国内外の自社主要拠点の状況を評価し、課題点の改善に取り組んでいます。

評価の結果は定期的にグループ会社社長へ報告するとともに、取り組み状況や改善点を経営者層が把握できる体制のもと、グループ全体の課題として対応方針を協議しています。特定された課題については、CSR推進統括部門と関連部署が定期的にモニタリングすることで改善を図り、事業活動の向上につなげています。

本取り組みの結果、2015年度において当社では児童労働や強制労働などの人権侵害、または健全な事業活動の継続を脅かすような倫理リスクは確認されておりません。

当社グループはEICC行動規範に従い継続的な改善に努め、社会的に責任ある事業活動と業界全体のCSR推進してまいります。

マテリアリティ(重要課題)

東京エレクトロンは国連グローバル・コンパクトを支持し、国連により持続可能な開発目標(SDGs)として設定された社会的課題の解決に努めることで、国際社会における企業の役割と責任を果たします。そのためマテリアリティ(重要課題)の検討においては、自社を取り巻く事業環境やリスクを的確に把握するとともに、社会的課題と事業との関連性を明確にすることに重点を置きました。
当社は半導体製造装置メーカーとして、市場環境の変化やお客さまの真のニーズへの理解を深め、付加価値の高い次世代製品を継続的に創出することにより、人々の豊かな生活を支える技術の発展に貢献できると考えています。また、持続的な成長と中長期的な事業価値の向上を実現するため、オペレーションの効率化を進め、グローバル水準の収益力獲得を目指すとともに、コンプライアンスやガバナンスの充実、労働や人権に配慮し、成長に向けてチャレンジを続けることができる夢と活力のある職場を実現していくことが重要であると考えています。
このような考えのもと網羅性や簡潔性を考慮し、また2015年度のマテリアリティとも照らし合わせながら今年度のマテリアリティを特定しました。

2016年度のCSR目標

2016年度は、5つのマテリアリティに基づき、16の目標を設定しました。目標達成に向けた取り組みを推進していきます。



CSR

  • トップメッセージ
  • 東京エレクトロンのCSR
  • イノベーション
  • 安全
  • 品質
  • 調達
  • 人と職場
  • 環境
  • 社会貢献
  • コーポレートガバナンス
  • リスクマネジメント
  • コンプライアンス/倫理基準
  • 社会からの評価
  • サステナビリティレポート
  • CSRデータ(環境)
  • CSRデータ(社会)
  • 国連グローバル・コンパクト
  • 東北大学 知のフォーラム