No.009 特集:日本の宇宙開発
Scientist Interview

次世代の主力大型ロケット「H3」

2015.10.09

岡田 匡史 (JAXA 第一宇宙技術部門 H3 プロジェクトマネージャー)

現在、日本の主力大型ロケットはH-IIAロケットだ。その打ち上げ能力を高めたH-IIBロケットも、国際宇宙ステーションへ物資を運ぶ「こうのとり」の打ち上げに使われてきた。そして今、それらに続く次期主力ロケットとして、H3ロケットの開発が進められている。運用中のロケットが高い成功率を誇る中で、なぜ新型ロケットが必要なのか、そして従来のロケットとの違いはどんなところにあるのか? JAXA、H3プロジェクトマネージャである岡田匡史氏に語ってもらった。

(インタビュー・文/岡本 典明 写真/ネイチャー&サイエンス)

ロケット開発の技術を継承するラストチャンス

 

──現在、H-IIAロケットなど宇宙へ行く手段はすでにありますね。なぜ今、新型ロケットの開発が必要なのでしょうか。

たとえば、鉄道が進化して移動時間が短くなることで、人々の活動領域が広がりました。宇宙も同じで、宇宙を利用する上で、「輸送」はとても重要なファクターです。

今よりも宇宙に行きやすくするためには、現在使っているロケットを、さらに使いやすいものにする必要があります。そしてそれによって、日本としての宇宙活動がより活性化されていくことにもつながります。

また、なぜ"今"なのかということについては、もう一つ別の理由もあります。

──それはどんなことでしょう。

現在使用しているH-IIAロケットは、2001年に打ち上げられました。H-IIAロケットは、1994年に打ち上げられたH-IIロケットの改良型です。そのためロケット自体の考え方が、だいぶ昔のものになっています。ロケットの打ち上げ能力も、今の人工衛星のサイズと合わなくなってきている面があります。また、世界では価格の安い新型のロケットが出てきて、相対的な競争力も下がっています。そうなると、自ずと打ち上げ機会が減ってきます。打ち上げ機会が減ると、産業の基盤的な部分が少しずつ弱くなっていってしまうのです。それが続いていくと、いずれ日本がロケットを作れなくなってしまう時代がきてしまいます。

また、技術の継承も必要です。私は今53歳ですが、初の純国産大型ロケットであったH-IIロケットは、私が社会に出てはじめて取り組んだロケットでした。つまりそのロケットの開発を知っているのは私くらいの年齢より上の人たちなのです。H-IIAロケットは、改良とはいえさまざまな技術が投入されていますが、まるごと新しいロケットを開発することで得られる技術力というのは相当なものです。

新しいロケットを開発する機会を、あるタイミングで設けていかないと、遠からず開発経験がない人ばかりになってしまう。もうラストチャンスだと思いながら、ずっと訴えかけもしてきました。今から5年後にやろうと思っても、定年退職前にやりきれる人はどんどんいなくなってしまうのです。タイミングとしては今だと思っています。

の図
[図1] 2014年12月3日、小惑星探査機はやぶさ2を搭載して打ち上げられたH-IIAロケット。
CREDIT:JAXA

Copyright©2011- Tokyo Electron Limited, All Rights Reserved.