No.024 特集:テクノロジーは、これからのハピネスをどう実現できるのか

No.024

特集:テクノロジーは、これからのハピネスをどう実現できるのか

ハピネスとテクノロジー

クロストーク ”テクノロジーの未来を紐解くスペシャルセッション”

ハピネスとテクノロジー

前野 隆司
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント教授
矢野 和男
ハピネスプラネット 代表取締役CEO

「ハピネス(幸福)」は、歴史的にいつも人々が求めてきたものだが、そのあり方は不明で一様でもない。だからこそ、ハピネスは文学、宗教学、哲学、社会学などがさまざまな方法で探求するテーマとなってきた。近年は科学とテクノロジーの発展によって、ハピネスの状態を観察、計測したりするばかりでなく、人々をハピネスに導く方法が模索されるようになった。専門の機械工学において「幸せ」が設計変数に欠けていることから幸せ研究に進んだ慶応大学教授の前野隆司氏、そして物理学の手法を用いて若い頃からの関心ごとだった幸せに取り組むハピネスプラネットCEOの矢野和男氏。理系の視点から捉えたハピネスを語り合っていただいた。

(構成・文/瀧口範子 写真/黒滝千里〈アマナ〉)

テクノロジーによって退化したもの

前野隆司氏

── 今テクノロジー業界では、ユーザーの気分を押し上げてくれるウエアラブルの開発などの動きが見られるのですが、テクノロジーは人間に介入してハピネスを作り出したり増大させたりできると思いますか。

前野 ── はい、できると思います。ただし、人類は旧石器時代を見直すべきだと考えています。実は、テクノロジーを使わなければ、人間の感性は、もっと研ぎ澄まされるという面もあると思っています。オンライン・ミーティングで遠隔地の人と会えるといった利点はありますが、例えばテクノロジーの発達で「あなたは今怒っている」とか、「イライラしている」などと表示されるようになると、人間の感性はどんどん衰えていくのではないでしょうか。旧石器時代から見ると、すでに現代人は感性力が相当衰えていると思うのですが、さらに退化するリスクがあります。だから、テクノロジーをどこで使ってどこで使わないかには、ものすごく気をつけるべきだと考えます。

私はむしろ、インターネットは日本人の自己肯定感を下げているのではないかと見ています。私が小学生の頃は、インターネットがありませんでしたから、自分たちの世界で生きていました。友達が 30人くらいいて、みんな将来科学者になるとか、ロケットに乗るとか言っていたものです。ところが、今はユーチューブを見ると、すごい人がいっぱいいて、小学生でも俺はなんてダメなのだろうと思ってしまうリスクがあると思うのです。

インターネットやテクノロジーは、これからもっと発展するでしょう。ここで、私が危惧しているのは、人類のOSは原始生活をしていた頃と全く変わっていないのですから、本当にこの生活が最も快適なのかどうか、その根本を問い直すべきだということです。自然と接すると幸せになるとか、天井が高いと幸せになるというデータもあって、いろいろなことがわかっているので、テクノロジーで分析した結果を参考にしつつ、テクノロジー生活と自然生活とのバランスをうまく取らなければならないと考えます。

前野氏と矢野氏の対談は、2020年9月1日にリモート取材で行われた。

矢野 ── つい最近、約半年ぶりに、ある会社の社長さんの目前でプレゼンしました。コロナ禍の自粛中、講演やプレゼンは、オンラインなどでたくさんやっていて、3000人の観客の前で話したりもしていたのです。ところが、リアルはこれほどにも違うのかと驚きました。話し始めた時から、その社長さんが今ひとつ腹落ちしてないという表情をしていて、以前の私なら即興力で対処したはずなのです。ところが、この半年でその力がすっかり錆ついてしまいました。

オンラインでは全く一方通行になっていたのだなあと反省しました。数人のミーティングならば遅延はあるものの、どうにかできますが、3000人相手の講演は顔が見えません。インタラクティブにした方がいいということで、チャットができるようにしたりしますが、それではダメですね。それよりも、たとえば 3000人からランダムにサンプルした 3人だけの顔を見せてくれた方が、よほど私の話し方にフィードバックがかかるでしょう。

よくコンサート会場で、観客のクローズアップをスクリーンに見せたりしますよね。彼らは、盛り上げるためにはそういうことが大事だとわかっているのです。会議システムは、まだそこまで成熟していません。ちょっとした目の動きなどの非言語的な反応が、いかに我々のコミュニケーションの根幹にあるかを改めて痛感しました。

前野 ── まさにそれです。オンライン会議を使う前と後でも確かに退化していますが、現代人はリアルで会っていた時も、すでに相当退化していたのではないでしょうか。森の中で3日間過ごすようなプログラムがあって、これに参加すると五感がかなり取り戻されます。やはりアートや自然、あるいは日本の茶道や華道などに、そういう感覚を取り戻す鍵があるのではないかと、自然なあり方に非常に興味を持っています。

TELESCOPE Magazineから最新情報をお届けします。TwitterTWITTERFacebookFACEBOOK