トップメッセージ

ステークホルダーの皆さまには、平素よりご支援とご愛顧を賜り、心から御礼申し上げます。また新型コロナウイルス感染症の拡大により、影響を受けられたすべての皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

人類は現在、感染症との未曽有の闘いに直面していますが、その中においてもテレワークやオンライン教育、動画配信や遠隔診療の利用が進むなど、データ社会への移行が加速しています。どのような状況下でも、強くしなやかな社会構築に向けて、世界はIoT、AI、5Gなどの技術をさらに駆使することによって、新たな情報通信技術を強力に実装していくことが見込まれますが、それを支えているのが半導体の技術です。そして半導体とともに、データを可視化するディスプレイもますます重要性を増していきます。

東京エレクトロンは、半導体およびフラットパネルディスプレイ製造装置のリーディングカンパニーとして、すべての経営資源を生かし、世の中にない付加価値の高い技術の創出を通じ、ワールドクラスの利益を中長期的に追求し拡大していくことで、当社の基本理念である「最先端の技術と確かなサービスで、夢のある社会の発展に貢献します」を貫いてまいります。

当社では、中期経営計画における3つの柱である「製品競争力」「顧客対応力」「生産性向上」に加え、企業の成長の源泉である「人と職場」、また企業統治やコンプライアンスに関わる「経営基盤」をマテリアリティとして定義しています。2019 年度には、これらのマテリアリティごとの単年度および中期目標の見直しをおこない、達成に向けたさまざまな活動を実施しております。また製品や事業所におけるCO2排出量削減活動を加速させるとともに、当社グループやお取引先さまにおける人権デューデリジェンスを実施し、人権課題の把握とその是正の取り組みを本格的に開始いたしました。

また、当社は国際的な枠組みに沿ってサステナビリティマネジメントを推進すべく、2013年度に国連グローバル・コンパクトに署名しSDGsに取り組むとともに、2015年度にはResponsible Business Alliance(RBA)に加盟してサプライチェーンにおけるCSRの展開に注力しています。

これからも当社の使命と責任を確実に果たすべく、サステナビリティを重視した経営を推進し、産業や社会の課題解決や発展に寄与することで、すべてのステークホルダーの皆さまに愛され、信頼される企業を目指してまいります。

今後とも、皆さまの一層のご支援とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

東京エレクトロン株式会社
代表取締役社長・CEO

sign_TOP.JPG