TELの社会貢献活動 For dream inspiring society

熊本

  • 科学とイノベーション

  • 人材育成

  • 環境

  • 地域支援

  • 熊本

    熊本地震の復興支援

    close

    熊本

    熊本地震の復興支援

    2016年4月に発生した熊本県直下を震源とする熊本地震では、家屋の倒壊や土砂災害など、付近の住民生活に大きな被害をもたらしました。熊本県南阿蘇村立野地区はこの震災によって1年以上断水が続き、生活用水や農業用水への深刻な影響から、日常生活の支障が生じていました。
    東京エレクトロン九州は、この地区の生活復興を支援するために、2017年2月に井戸設置の支援活動を開始しました。まず深井戸の掘削工事を開始し、5月には地下126メートル地点で飲用に適した良質な水源に到達、その後、1日あたり約300トンの地下水が汲み上げられる揚水ポンプが設置され、必要な設備を整えました。
    そして、2017年7月に南阿蘇村への井戸寄贈式が催されました。
    寄贈式では、当社萩尾副社長から南阿蘇村の吉良清一村長へ目録を贈呈し、その後、地区の皆さまを含む出席者全員で、汲み上げた水の試飲会を行いました。その後、この井戸からの給水により水道設備の仮復旧も進み、同年10月には同地区の長期避難世帯の指定が解除され、地域復興に貢献することができました。

    また、東京エレクトロングループ社員から集まった募金に会社から同額を拠出し、近隣市町村への防災用品の寄贈を行いました。近隣小学校へは、防災頭巾8,000枚を配布し、日頃の備えの重要性を子供たちとともに確認しあいました。

  • 熊本

    マッチングギフト

    close

    熊本

    マッチングギフト

    東京エレクトロン九州は、従業員からの募金や厚生施設利用料に会社の拠出金をあわせたマッチングギフト寄付を2009年からおこなっています。社員食堂で人気の一品を「マッチングギフトメニュー」に選定し、その代金から10円を募金として積み立て、同額を会社が拠出するというものです。2014年からは自動販売機の売上の一部も加え、地域で活動する多くの福祉団体に寄付をおこなっています。
    また、2012年よりNPO支援の公募を開始し、地域の社会的課題に取り組むNPO等を積極的に支援しています。2017年度は8事業を助成対象として2018年3月12日に合志事業所で助成金の贈呈式を開催しました。

  • 熊本

    青少年のための科学の祭典

    close

    熊本

    青少年のための科学の祭典

    東京エレクトロン九州は、「青少年のための科学の祭典 熊本大会」に協賛しています。
    本大会は青少年を対象に、理科や数学あるいは科学技術といった分野の実験や工作が楽しめる、例年3万人以上が来場する県内最大のサイエンスイベントです。
    特別協賛に加え、特設ゾーンではステージやワークショップを設けて科学に親しむ催しを実施しています。また、これに関連して、社員による熊本高等専門学校での"ものづくり"についての出張授業を実施しています。その授業をきっかけに、 同高専の生徒たちは学校で「科学で子ども達の夢を叶える」ことをテーマとした“ものづくり”にもチャレンジしています。
    これらの活動を通して、将来を担う子ども達への科学教育の普及啓発、および、理科離れの抑制による次世代人材育成に繋がることを期待しています。

  • 熊本

    熊本城マラソン

    close

    熊本

    熊本城マラソン

    東京エレクトロン九州は、熊本城マラソンのゴールドスポンサーとして第1回から大会に協賛しています。熊本城マラソンは市内中心部をスタートし、ゴールとなる熊本城を目指して1万3000人を超えるランナーが駆け抜けます。
    沿道からの声援が熊本城マラソンの魅力のひとつですが、社内からも多くのボランティアが参加し、EXPOへの出展や沿道応援、炊き出しなどを通じて大会を支援しています。社内からは毎年100名を超えるランナーが参加し、社員の健康づくりにも寄与しています。

  • 熊本

    合志市リレーマラソン・ウォーキング大会

    close

    熊本

    合志市リレーマラソン・ウォーキング大会

    東京エレクトロン九州は、「合志市カントリーパークリレーマラソン」および「ウォーキング大会in合志市」に協賛しています。
    これらは、事業所が所在する合志市で開催されるイベントで、市民の健康促進や地域の活性化を目的として開催されるものです。これらの積極的な支援を通じ、企業市民として健全で豊かな地域社会の実現に貢献しています。

  • 熊本

    水資源涵養植林活動

    close

    熊本

    水資源涵養植林活動

    東京エレクトロン九州は、2005年11月に熊本県大津町と環境保全協定を結び、大津町「広葉樹の森」構想に参画しました。
    この活動を通じ、南阿蘇外輪山にある俵山の土地にヤマザクラ・ヤマモミジ・クヌギ・コナラ等を植林、育成することで、地球温暖化の防止ならびに地下水の涵養に貢献しています。2006年からは、毎年0.3ヘクタールの土地に広葉樹1000本を植えた後、下刈りを実施しています。この森林整備活動は2011年より熊本県森林吸収量認証書を交付されています。

TOPへ戻る