TELの社会貢献活動 For dream inspiring society

米国

  • 科学とイノベーション

  • 人材育成

  • 環境

  • 地域支援

  • オースティン

    SEMI High Tech U

    close

    オースティン

    SEMI High Tech U

    SEMI High Tech UはSEMI(財)によって創設されたプログラムで、TELは認証パートナーとなっています。このプログラムは3日間のSTEM*浸透を目的としたイベントで、学生にSTEMを学ぶ機会を提供し、ハイテク分野へのキャリアパスをイメージできるように組まれています。
    このプログラムはSTEM学習と彼らの将来のキャリアにおいて実際の応用場面と結びつけられるということでは他に比類のないものと考えています。それだけではなく学ぶことの楽しさも味わえます。
    毎年秋には、TEL USオースティンオフィスの構内に地域の高校から30-40名の学生を招いてSEMI High Tech Uを開催しています。TELがオースティンで開催を始めた2016年から92名の学生がこのプログラムを修了し、TELエンジニアはボランティアで延べ20名参加しています。

    SEMI High Tech Uに参加する学生たちは、数理系の楽しく実践的な学習を体験します。東京エレクトロンの社員はさまざまな教科でインストラクターを務めました。3日間のコースの初日は、学生たちが今後のキャリアや進学方針について検討することから始まりました。簡単な性格テストを通じて、将来就く可能性の高い職業が割り出されると、評価スコアの近い学生同士がグループを作って、各チームが共有するパーソナリティにふさわしい大学専攻科目、将来の職業などを検討しました。さらに半導体技術と日常生活や未来テクノロジーとのかかわりを示すプレゼンテーションがおこなわれ、次いで研修棟で東京エレクトロンの代表的な製品を見学しました。同じく初日の午後には、マイクロチップの積層プロセスのシミュレーション、中世のカタパルト技術を例に用いた品質の話、食塩水を使って電球を灯す応用化学の実験などもおこなわれました。

    学生たちは2日目にテキサス州立大学オースティン校 JJ Pickle Researchキャンパスを訪問しました。そこでは初期のSEMI High Tech Uの発起人につながる、学生エンジニアたちが大学で研究中のこれからの技術をデモンストレーションし、また学び続けることの大切さや目指すキャリアパスを歩み続けるためにどのような道筋をたどるべきかを熱く語ってくれました。

    最終日には、コラボレーションとコミュニケーションのスキルが問われる今回最大のグループプロジェクトが実施されました。学生たちの批判的思考と問題解決力を試すために与えられたテーマは、「第三世界での環境問題を改善するテクノロジー利用について」です。学生たちはそれぞれ受け持ち地域を割り当てられ、問題解決方法のプレゼンテーション力を競いました。次いで面接の心得やテクニックについての手ほどきがあり、仕上げに東京エレクトロンのボランティア社員による模擬面接がおこなわれました。

    修了式では2名の学生が投票でクラス代表(クラスアンバサダー)に選ばれ、東京エレクトロンから奨学金1千ドルを授与されました。アンバサダーに選ばれた学生は、次年度のプログラム開催時のお手伝いでの参加も歓迎しています。

    *STEM:Science, Technology, Engineering and Mathematics 科学・技術・工学・数学の教育分野総称

  • オースティン

    F1 in Schools 世界大会

    close

    オースティン

    F1 in Schools 世界大会

    2016年10月、F1 in Schools の世界大会(World Finals)がテキサス州オースティンで開催されました。F1 in Schoolsとは、9歳から19歳までの学生がチームを結成し、圧縮空気で動くバルサ材のミニF1カーを製作して速さを競う国際的なイベントです。参加チームはCAD/CAMソフトウェアを使ってミニチュアカーの共同設計から分析、製作、テスト、競技までを体験し、ITを駆使しながら物理、空気力学、設計、財務戦略など多分野にわたる知識を学ぶとともに、これを想像力豊かに実践に移して競技に挑みます。

    Tokyo Electron Americaはこの年に米国で開かれた大会のスポンサーおよびパートナーとなり、社員3人が世界大会の各種カテゴリーで審査員を務めました。
    オースティン事業所ではキャンパスにF1 in Schools参加者の学生を招き、東京エレクトロンの事業と会社が目指すテクノロジーについて紹介するとともに、研修棟で当社の装置のいくつかを紹介しました。世界各国から集まった学生たちは施設を見学しながら、半導体市場について質問を投げかけていました。

  • 米国

    Earth Day in the US

    close

    米国

    Earth Day in the US

    Tokyo Electron America

    Earth Dayは米国で1970年の4月20日以来、皆が環境問題について理解を深め話し合い、そしてアクションを起こす日として制定さています。今年で49年目を迎えますが、人々の環境にたいする情熱を喚起して燃え立たせ、発想の転換を促します。人々が地球を守るための行動を起こすことの動機付けになっています。

    TELは二酸化炭素排出量を削減し、全従業員がTELのサステナビリティへの取り組みに沿った活動に参加することを提唱しています。
    このため、Earth Day 2019において、TELの米国各地の拠点において、全米規模で行われている取り組みに、さまざまな工夫をこらして参加しました。

    いくつか事例を紹介します:
    ◾車の排気ガスの削減
    – 従業員は「徒歩」「公共交通機関の利用」「車の相乗り」等により通勤
    ◾紙を使わない日– その日1日、印刷をしなくてもいいような方法・手段を考える
    ◾再利用可能なプラスチック製品の活用–職場からの使い捨てプラスチックを無くす
    ◾自然光を使用する-窓のブラインドを開き、天井照明の使用を制限する

    米国のいくつかの職場では、Earth Dayに参加するために、各地域でのグループ活動をおこないました。 たとえば、オレゴン州ポートランドのTELオフィスでは、「ごみ拾いの日」としました。
    4月26日、TELポートランド/ヒルズボロの従業員は、ポートランドオフィスの近くのロッククリーク公園に集まり、公園内とその周辺、およびオフィスに続く歩道でゴミ拾いをしました。
    約30人の従業員がボランティアとして参加し、450ポンドのゴミを拾いました。

    また、TTCAのニューヨーク州アルバニーにあるTELオフィスでは、SUNY Polytechnic Institute (公立研究大学)に桜の木を植えました。
    これは、TELがキャンパスに植えた6番目の木であり、TELと大学の継続的なパートナーシップのシンボルとなっています。

    ミネソタ州チャスカのTELオフィスでは、Earth Dayを記念して、ガレージセールを開催しました。職場にあった様々な資源を整理して、スペースを綺麗にし、埋め立て地に捨てられたであろう資源を再利用する方法を提示しました。
    また、チャスカの従業員は、多年生植物を植えて、オフィス周辺の掃除をおこないました。

    テキサス州オースティンでは、毎年恒例のEarth Dayイベントで、TEL-オースティンの敷地に木を植えています。 木の選定基準は、テキサス地域に自生するもの、また、気候に合った持続可能なものとしています。

    年間を通して、TELは生産性の向上と環境に優しい取り組みをおこなっています。
    米国のEarth Dayは、大自然の中での活動を称賛し、地球にやさしい取り組みを促すには、とても素晴らしい機会です。

  • オースティン

    Partnerships for Children

    close

    オースティン

    Partnerships for Children

    Tokyo Electron U.S.は、安全上の理由から家を離れて暮らす子供たちのため、クリスマスに欲しい物をリストアップしてもらい、その願いをかなえる活動を例年行っています。これは非営利団体Partnerships for ChildrenのHoliday Wishesプログラムの一環をなす活動で、参加するTEL社員はそれぞれ担当する1人の子供からウィッシュリストを受け取った後、オフィスにプレゼントを持ち寄ります。プレゼントはタグ付けされ、配送センターで仕分けられて、5,000人以上の子供たちにクリスマスの朝届くよう手配されます。
    この時期、オースティン事業所のロビーには恵まれない子供たちへのプレゼントが山のように積まれ、善意を分け合うクリスマス本来の意義を思い起こさせてくれます。

  • オースティン

    Girlstart

    close

    オースティン

    Girlstart

    Tokyo Electron U.S.は、理系女子教育の支援組織Girlstartのスポンサーを務めています。Girlstartが掲げる理念は、「世界を変える女子の育成に向け、画期的で質の高いSTEM(科学・技術・工学・数学)教育プログラムの企画・実践で全米をリードすること」です。今後STEM分野のキャリアに就く女性を増やす重要性はさらに高まると見られ、理系女子の進学をサポートするGirlstartなどの組織が注目されています
    TEL社員はGirlstartのローカルスポンサーとして、毎年開催されている”Game Changer”に参加しています。これはSTEM分野に大きな影響を与えた女性たちを表彰するイベントです。

  • マルタ

    マルタ5kmレース

    close

    マルタ

    マルタ5kmレース

    Tokyo Electron Americaは2016年9月、地域社会における企業の社会的責任を果たすため、ニューヨーク州マルタの5kmレースでGlobalFoundries社と共にスポンサーを務めました。イベントの収益金は、地域の団体(Vet Help、マルタボランティア消防隊、ラウンドレイク消防隊、マルタ救急隊など)に全額寄付されました。
    アルバニー事業所とマルタ事業所に勤めるTokyo Electron Americaの社員は、家族も含め23人強のチームを結成し、レースに出場、あるいは募金活動に協力しました。
    このイベントはコミュニティのリーダーたちと協力して有意義な活動を支援するだけでなく、業界関係者との交流ネットワークを作る好機となりました。レースの日が近づくにつれ、社内のチームはトレーニングで体力をつけるとともに、GlobalFoundriesやAlbany Nanotechで協業している他社社員とのつながりも強化しました。

  • ポートランド

    Drums of Three Nations

    close

    ポートランド

    Drums of Three Nations

    オレゴン日米協会は2017年6月、日・中・韓3カ国それぞれの打楽器奏者による演奏会Drums of Three Nationsをポートランド市内のワールドトレードセンターで開催しました。Tokyo Electron Americaはスポンサーとしてコミュニティの文化的な多様性を支持し、米国とアジアの友好にも貢献しています。屋外プラザで開かれたこの無料イベントには500人以上が来場し、力強い独特の打楽器パフォーマンスを楽しみました。

TOPへ戻る