情報開示に関するポリシー

東京エレクトロンは、株主・投資家、お客さま、地域社会を始めとするあらゆるステークホルダーの皆さまに当社を正しく、またより深く知っていただき、当社の企業価値を正当に評価していただくために、当グループに関する情報の公平・公正かつタイムリーな公開に努めてまいります。また、情報公開を通してステークホルダーの皆さまからいただくご意見などにつきましては、会社経営の参考として社内で活用させていただきます。

情報開示の基準

  • 当社は、金融商品取引法および東京証券取引所の定める有価証券上場規程を遵守します。
  • 有価証券上場規程に該当しない情報についても、当社を理解していただくために有効と判断した情報については積極的に公平・公正かつタイムリーに開示していきます。なお、競争優位上あるいは守秘義務上、特定の情報に関するお問い合わせにお答えできない場合があります。

情報開示の方法

  • 有価証券上場規程に該当する情報(重要事実)は、東京証券取引所のTDnet(Timely Disclosure network 適時情報開示伝達システム)において開示するとともにプレスリリースを行った後、すみやかに当Webサイトに同一資料を掲載します。
  • 重要事実以外の情報についても、Web、各種印刷物等の情報伝達手段を適宜活用し、ステークホルダーの皆さまに公平・公正かつわかりやすく開示していきます。
  • 当社はアナリスト・投資家向けに決算説明会を開催しており、これはマスメディアにも公開されています。最新の四半期決算説明会の模様は音声配信を掲載し、また各四半期決算の説明会資料・質疑応答サマリはすべて当Webサイトに掲示しています。
  • 重要事実以外の情報についても、Web、各種印刷物等の情報伝達手段を適宜活用し、ステークホルダーの皆さまに公平・公正かつわかりやすく開示していきます。

将来の見通しに関して

当社は、東京証券取引所に提出する当社の業績予想以外に、市場環境に対する見方、今後の事業計画、戦略等を、決算説明会を始めとするさまざまなIR活動の中で提供していきます。これらの情報は、当社が入手可能な情報に基づいて判断したものであり、実際の業績や成果は、さまざまな外部要因・内部要因の変化により見通しと大きく異なる結果となる可能性があります。業績に影響を与える外部要因・内部要因の例としましては、経済情勢、半導体・FPD市況、販売競争の激化、急速な技術革新への当社の対応力、安全・品質管理、知的財産権に関するリスクなどが挙げられます。業績に影響を与える要因の詳細につきましては、事業等のリスクをご参照ください。

事業等のリスク

IR活動のスポークスパーソン

情報の正確性および開示の公平性を確保するために、当社が行う主要なIR活動は、取締役会長、CEO、およびIR担当者をスポークスパーソンとしておこないます。原則、スポークスパーソン以外の従業員・役員が証券市場関係者・メディアに単独で会社情報の提供をおこなうことはいたしません。また、スポークスパーソンは、必要に応じて、他の従業員や役員をその代理として委任することがあります。