品質マネジメント

TEL Quality Global No.1

お客さまの真のニーズを理解し、世界No.1の品質を追求します。

品質についての考え方

東京エレクトロングループは、提供する製品およびサービスが高い品質であることを目指します。それは開発に始まり製造・据付・保守すべての工程を含み、また営業活動の顧客対応業務も品質とみなします。わたしたちは、お客さまの成功を支える高品質の製品とサービスおよび革新的なソリューションを提供し続けます。

品質方針

  1. 「品質優先」

    品質の安定は顧客満足のみならず、期待通りの生産計画を達成し、メンテナンス負荷を低減する基盤であり、一時的なコスト増よりも優先します。

  2. フロントローディングと自工程保証

    最先端の技術に基づき開発設計段階から品質をつくり込み、すべての業務プロセスにおいて、自らの工程品質を完結することで、高品質の製品を提供し続けます。

  3. 品質と信頼

    品質に問題が生じた場合には、製造・販売・サービス部門が一丸となって、事実に基づき本質的な原因究明に全力で取り組み、速やかな解決に努めます。

  4. 継続的改善活動

    お客さまの満足・信頼につながる活動に対して、品質目標や指標を設定し、PDCAサイクルを回しながら、継続的改善を実施していきます。

  5. ステークホルダーとのコミュニケーション

    製品品質に関わる必要な情報をタイムリーに発信するとともに、ステークホルダーの期待に適切に対応していきます。

この品質方針はTELグループ全社統一の方針です。
中期経営計画のGT2025達成に向けた3つの強化項目である“製品競争力強化”“顧客対応力強化”“利益体質強化”にも繫がっており、各人の行動にも深く関わることから、工場のみならずTEL本社やTELグループ海外拠点にも適用するものです。TEL品質方針ポスターを製作し、言語は、日本語版のほか、英語版、中国語版(簡体字)、韓国語版を作成し、各国の各社・全拠点へ配付し掲示しております。

体制

当社では、代表取締役社長を責任者とした品質保証体制を構築しています。品質強化の取り組みや、重要な品質問題と共通課題は、各グループ会社の社長と品質部門長が相互に連携して対応します。また、「品質部門長会議」「技術管理部門会議」「製造部門長会議」「資材部門長会議」「EHS会議」の5つの部会が中心となり、効率的かつ安定的な品質の実現を目指すとともに、各部会が連携しながら全社横断的な品質活動を推進しています。

また、高水準で安定的な品質を維持するため、1997年より品質マネジメントシステム規格であるISO9001認証の取得を進め、現在製造会社を中心に10拠点が取得しています。

これらの体制のもと活動を進めた結果、2015年度は、製品およびサービスの提供・使用に関する法律や規制の違反はありませんでした。

品質啓蒙活動

当社グループでは、従業員一人ひとりが「品質優先」を意識し、実践するためには、啓発活動が重要との考えから、品質ポスターを多くの方が目にする場所へ掲示しました。また、「品質カード」を全従業員へ配布しました。
2004年9月に「TEL品質コミットメント」のカードが発行され、品質に関するTELの基本的な考え方を従業員同士共有してまいりましたが、発行から10年以上が経過し、一部更新されたTEL品質の考えをTELグループ全ての従業員の方々に周知してもらえるように、カードをリニューアルして従業員一人ひとりへ配布致しました。
品質は、製品・サービスだけでなく、全ての業務において、従業員一人ひとりが高い意識を持って、中期経営計画達成に向けて活動に取り組んでいきます。

関連情報