経営基盤事業活動を根底で支える強固な経営基盤の構築

東京エレクトロンでは、グループ全体の事業活動を支える強靭で健全な経営基盤の構築に努めています。近年深刻さが増す気候変動や異常気象の問題に対しては、バリューチェーン全体において環境負荷を低減すべく製品や事業所の中長期環境目標の達成に取り組み、地球環境の保全に努めています。また、人権尊重を実践する取り組みとして、グループ全体の人権に関する方針をまとめた「人権について」に基づき、教育や周知を徹底するとともに、人権デューデリジェンス(評価と是正)や救済のプロセスを展開しています。人は企業における成長の源泉であるという認識のもと、従業員一人ひとりのライフスタイルに応じた働き方を促進し、またそれぞれの個性や価値観を尊重しながら個々のもつ能力を発揮することでもたらされる新たな価値の創出を大切にしています。当社では、経営の意思決定・監督機能を十分に働かせるべく、企業文化と事業の特色を考慮しながら中長期的な成長を実現する実効性の高いコーポレートガバナンス体制の構築を図るとともに、リスクマネジメントの強化やコンプライアンスの徹底に努めています。サプライチェーンにおいては、お客さまやお取引先さまとともにサステナブルなオペレーションを実現すべく、グローバルスタンダードに準拠した取り組みを推進しています。

SDGsへの取り組み

  • 実装性の高いコーポレートガバナンス体制の構築を図るとともに、リスクマネジメントの強化をコンプライアンスの徹底に努め、強靭で健全な経営基盤を構築
  • 事業を通した環境負荷低減の活動を進め、地球環境の保全に寄与
  • サプライチェーン全体におけるサステナビリティの取り組みを推進
  • 人権に配慮し、多様性を尊重しつつ個々の能力が最大限に発揮できる職場環境の構築とエンゲージ面との向上
SDGs 3 すべての人に健康と福祉を、SDGs 8 働き買いも経済成長も、SDGs 10 人や国の不平等をなくそう SDGS 13 気候変動に具体的な対策を、SDGs 16 平和と公平をすべての人に、SDGs パートナーシップで目標を達成しよう