TELのCSR

CSR方針

当社のCSRは基本理念を実現する取り組みです。当社では、企業統治や法令遵守、倫理などの観点から持続可能なオペレーションを追求するとともに、製品やサービスの提供による新たな価値の創造により、社会課題の解決に貢献すべくCSR活動を展開しています。これからもCSR活動を通してステークホルダーの皆さまとの信頼関係の構築に努め、企業価値を向上させることで、持続可能な夢のある社会の発展に貢献します。

kihonrinen_02.PNG

CSR推進体制

当社では、中長期的な企業価値向上の観点から事業戦略との統合を図りながら、サステナビリティマネジメントを展開しています。CSRの活動は以下の3つの会議体を中心に推進しています。CSRに関する最高意思決定機関であるCSR定例会議では、グループ全体の方針や重要案件についての話し合いをおこない、全世界のCSR責任者が参加するCSRグローバル推進会議においては、CSRの短中期目標やグローバルプロジェクトの推進などについて討議しています。また各部署の担当者が参加するCSR月次連絡会ではCSR活動に関する情報共有をおこない、横断的なテーマに取り組むための連携体制を構築しています。

会議名称参加メンバー会議内容開催頻度
CSR定例会議● 代表取締役会長
● 代表取締役社長・CEO
● 取締役および本部長
● 全社CSR方針の決定
● 重要案件についての話し合い
年2回
CSRグローバル

推進会議

● CSR推進担当取締役
● 関連部門長
● 関連会社・海外現地法人CSR責任者
● CSR目標の設定
● グローバルプロジェクトの推進
年2回
CSR月次連絡会● 各部署CSR担当● CSR活動内容の共有
● 横断的テーマの取り組み
月1回

■社内における取り組み

CSR推進賞

当社では『仕事』と産業や社会の課題、発展との結びつきを認識し、その取り組みを推進するため、産業や社会の課題解決に寄与する展開事例を『仕事の中のCSR』として世界中の全従業員に募りました。審査においては、SDGsとの結びつき、産業や社課題の解決への寄与、当社の企業価値向上への貢献などの点に重きが置かれ、CSR推進賞1件、CSR優秀賞3件を表彰いたしました。

shoujou.jpg

国際的なイニシアティブの参画

当社は、CSRの国際的な推進機関である国連グローバル・コンパクトやResponsible Business Alliance(RBA*)のメンバー企業として、グローバルな視野から持続可能な経営基盤の構築に努めています。

*RBA: Responsible Business Alliance(RBA)は、2017 年10月にElectronic Industry Citizenship Coalition(EICC®)より改名されました

国連グローバル・コンパクト(UNGC)

Responsible Business Alliance(RBA)

rba.jpg

自社におけるRBAの取り組み

当社は、2015年6月にRBA に加盟しました。RBAは、国際社会を取り巻くさまざまな課題に取り組む団体です。当社は、労働、安全衛生、環境、倫理およびRBA行動規範の実行を確実にするため、包括的なマネジメントシステムに従い取り組みを進めるとともに、他加盟企業との連携や有識者との協働を通じ、業界全体が社会的責任を果たす環境づくりの推進に努めています。

当社では、各国法規制、国際規格ならびにRBA行動規範をふまえ自社の倫理基準や関連方針を制定しています。また、取り組み状況を確認するために、事業プロセスを定期的に評価しています。具体的にはRBAが提供するSAQ(Self-Assessment Questionnaire)を用いて、本社および国内外の自社主要拠点の状況を評価し、課題点の改善に取り組んでいます。

評価の結果は定期的にグループ会社社長へ報告するとともに、取り組み状況や改善点を経営者層が把握できる体制のもと、グループ全体の課題として対応方針を協議しています。特定された課題については、CSR推進統括部門と関連部署が定期的にモニタリングすることで改善を図り、事業活動の向上につなげています。

本取り組みの結果、2019年度において当社では児童労働や強制労働などの人権侵害、または健全な事業活動の継続を脅かすような倫理リスクは確認されておりません。 当社グループはRBA行動規範に従い継続的な改善に努め、社会的に責任ある事業活動と業界全体のCSR推進してまいります。

外部機関からの評価

当社のCSR活動は世界各国の評価機関より高い評価を得ており、世界の代表的なESG投資インデックスの構成銘柄に選定されています。

2018年度は、前年度に引き続き「DJSI*1Asia Pacific 2018」、「FTSE4Good*2」、「FTSE Blossom Japan Index*3」「MSCI World ESG Leaders Indexes*4」、「MSCI ジャパン ESGセレクト・リーダーズ指数*5」などの構成銘柄に選定されました。

*1 DJSI: Dow Jones Sustainability Indices。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社(米国)とRobecoSAM社(スイス)が開発したESG(環境、社会、ガバナンス)投資インデックス。Dow Jones Sustainability Asia Pacificはアジア太平洋地域が対象
*2 FTSE4Good: FTSE社(英国)が開発した、環境や企業の社会的責任に関するインデックス
*3 FTSE Blossom Japan Index: FTSE Blossom Japan IndexはESGの対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックス
*4 MSCI World ESG Leaders Indexes: MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)社が作成しているESG投資インデックスであるMSCI Global Sustainability IndexのうちESGに優れた企業が選定される
*5 MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数: 親指数(MSCIジャパンIMIトップ500指数:時価総額上位500銘柄)構成銘柄の中から、親指数における各GICS 業種分類の時価総額50%を目標に、ESG評価に優れた企業を選別して構築される指数

SDGs(国連の持続可能な開発目標)に対する取り組み

SDGsは、2015年の「国連の持続可能な開発サミット」にて全会一致で採択された2030年までの世界共通の目標です。当社は事業を通じて取り組むSDGsのゴールをマテリアリティ (重要分野)ごとに明確にし、全社レベルで展開しています。

sdg_logo_ja_2.jpg

東京エレクトロンはSDGsを支援しています

事業による価値の創造

当社は経営資源を有効に生かし、半導体およびFPD製造装置の事業プロセスにおいて最先端製造技術や生産性向上、環境負荷低減などの価値を創造しお客さまに提供しています。お客さまにより製造される半導体やFPDはデータ社会において中心的な役割を担い、モバイル・AV機器やデータサーバなど市場のさまざまな製品に搭載され、5GやIoT、ビックデータやAIなどの普及とともに、より便利で豊かな社会を実現しています。

当社は事業を通じて社会の課題解決や発展、そしてSDGsの達成に貢献しています。