2001.07.02

人事異動のお知らせ

1. 当社取締役の子会社役員兼務に関する人事(7月1日付)
吉田 光孝(新)東京エレクトロン(株)代表取締役常務
東京エレクトロン東北(株)取締役
(現)東京エレクトロン(株)代表取締役常務
東京エレクトロン東北(株)取締役会長
栗山 敬一郎(新)東京エレクトロン(株)取締役
東京エレクトロン デバイス(株)取締役
(現)東京エレクトロン(株)取締役
東京エレクトロン デバイス(株)代表取締役会長
松葉 邦行(新)東京エレクトロン(株)取締役
東京エレクトロン FE(株)取締役
(現)東京エレクトロン(株)取締役
東京エレクトロン FE(株)代表取締役会長
高嶋 浩(新)東京エレクトロン(株)取締役
東京エレクトロン九州(株)取締役
(現)東京エレクトロン(株)取締役
東京エレクトロン九州(株)代表取締役会長
井上 準一(新)東京エレクトロン(株)取締役
東京エレクトロン AT(株)取締役
(現)東京エレクトロン(株)取締役
東京エレクトロン AT(株)代表取締役会長
【背景・趣旨】
 当社はかねてより、ビジネスのグローバル化に加え株主重視の経営・グローバルスタンダード経営の実施に取組んでおり、コーポレートガバナンス(企業統治)の理念を念頭においた経営の透明性・客観性の確保・維持と情報開示のための諸施策を他社に先がけて積極的に実施してまいりました。

 こうした観点のもと、取締役会を株主の利益を代表して業務執行状況の監督等を行う機関と位置付け、経営と執行の分離を図るため、業務執行機関としてCSSを設置するとともに、取締役会の内部委員会である報酬委員会、指名委員会を設置し、取締役会の監督機能を強化してきました。

 今回の人事は、東京エレクトロングループの更なる経営力強化のために実施するもので、グループ会社の会長を兼任していた取締役については、執行の職務を解き、当社およびグループ会社の業務執行を兼任しない取締役となります。今後、栗山 敬一郎、松葉 邦行、高嶋 浩、井上 準一の4名は各種委員会活動を含め取締役会機能の強化を通じて、現在及び将来にわたり、より客観的立場からグループ経営力強化に取組むことになります。

2. 子会社の代表取締役に関する人事(7月1日付)
原 護(新)東京エレクトロン デバイス(株)代表取締役会長
(現)東京エレクトロン EE(株)代表取締役社長
勝山 均(新)東京エレクトロン EE(株)代表取締役社長
(現)東京エレクトロン FE(株)取締役

以上