2008.02.18

東京エレクトロン株式会社の太陽電池用製造装置事業についてのお知らせ

 東京エレクトロン株式会社(東京都港区、社長:佐藤 潔 以下、東京エレクトロン)の太陽電池事業についてお知らせいたします。

 昨今、世界中で課題となっております環境・エネルギー問題に対して、その一つの解決策として太陽電池が注目されています。当社もこれまで太陽電池用製造装置につきましては基礎的な研究を多種行っておりましたが、このたび事業化を進めることを決定いたしました。

 今回、薄膜シリコン太陽電池用プラズマCVD装置を製品化するにあたり、シャープ株式会社(大阪府大阪市、社長: 幹雄 以下、シャープ)と、その開発を目的とした合弁会社の設立に合意しましたことをお知らせします。今回の合意は、薄膜シリコン太陽電池用プラズマCVD装置に関してのみであり、FPD製造装置他の事業を含めた包括的提携ではありません。

 薄膜シリコン太陽電池は、近年注目を浴びている太陽電池の種類の一つで、ガラス基板上に薄膜のシリコン層を形成するタイプの太陽電池です。東京エレクトロンが半導体およびFPD製造装置で培ってきた真空プラズマを用いた量産装置技術と、太陽電池のリーディングカンパニーのシャープがかねてより培ってきた薄膜シリコン太陽電池製造技術を融合させることで、より生産性の高い薄膜シリコン太陽電池用プラズマCVD装置を開発することが期待できます。

 装置開発は東京エレクトロンおよびシャープが出資する合弁会社が行い、装置の製造および販売については、東京エレクトロンが行います。初号機出荷は、2009年を予定しております。

 合弁会社の概要は下記のとおりです。

会社名 : 東京エレクトロンPV株式会社
本社所在地 : 山梨県韮崎市
資本金 : 5千万円
出資比率 : 東京エレクトロン 51%、シャープ 49%
設立日 : 2008年2月6日