2008.08.08

業績予想の修正に関するお知らせ

最近の業績動向を踏まえ、平成20年5月13日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。







(金額の単位:百万円)

平成21年3月期第2四半期連結累計期間連結業績予想数値の修正(平成20年4月1日~平成20年9月30日)
売上高営業利益経常利益四半期純利益1株当たり
四半期純利益

前回発表予想(A)
百万円
300,000
百万円
26,000
百万円
28,000
百万円
17,000
円 銭
95.01
今回発表予想(B)301,50022,50025,00015,00083.83
増減額(B-A)1,500△3,500△3,000△2,000-
増減率(%)0.5△13.5△10.7△11.8-
(ご参考)前期第2四半期実績
(平成20年3月期第2四半期)
476,37795,00595,79562,463349.19


平成21年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成20年4月1日~平成21年3月31日)

売上高営業利益経常利益当期純利益1株当たり
当期純利益

前回発表予想(A)
百万円
700,000
百万円
84,000
百万円
88,000
百万円
55,000
円 銭
307.38
今回発表予想(B)630,00051,00055,00033,000184.43
増減額(B-A)△70,000△33,000△33,000△22,000-
増減率(%)△10.0△39.3△37.5△40.0-
(ご参考)前期実績
(平成20年3月期)
906,091168,498172,713106,271594.01



修正の理由

DRAM、フラッシュメモリーの市況低迷により、半導体メーカーの設備投資の回復が当初の予想より遅れる見通しとなっております。このような状況のもと、主力の半導体製造装置部門の売上が期初予想を下回る見込みとなったことにより、第2四半期連結累計期間及び通期の連結業績予想を修正いたします。
(注) 業績見通しに関する記載内容につきましては、国内及び諸外国の経済状況、各種通貨の為替レートの変動、業績に影響を与えるその他の要因等現時点で入手可能な情報をもとに、当グループが合理的であると判断した一定の前提に基づいております。
これらは、市況、競争状況、新製品の導入及びその成否、並びに半導体関連業界の世界的な状況を含む多くの不確実な要因の影響を受けます。従って、実際の売上高及び利益は、記載されている予想数値とは大きく異なる場合がありますことをご承知おきください。