安全マネジメント

安全・健康についての考え方

東京エレクトロングループは、開発・製造・輸送・据付・メンテナンス等各種の業務遂行、およびトップマネジメントから現場担当者まで、すべての人々が、安全と健康を最優先とし、安全性向上および健康増進に向けて積極的かつ継続的な改善に努めます。

安全方針

  1. 安全第一・健康重視

    安全第一の理念に基づき、安全性の高い製品を追求し、関わるすべての人々の安全と健康的な労働環境の維持向上に努めます。

  2. 安全技術の追求

    各種事業活動において、安全と健康の阻害要因があることを認識し、これらの改善に向け、本質安全に基づいた装置設計と卓越したサービス力により、より安全・安心な場の構築を継続的に努力します。

  3. マネジメント・従業員の責任

    全ての従業員は、関わる場と人々の安全と健康の維持・向上について、常に問題意識、改善意識を持ち、マネジメント、担当者がそれぞれの責任のもと行動します。

  4. 法令遵守

    安全や健康関連の法令と国際的なルールを遵守し、また業界のガイドライン等も考慮し、安全と健康の促進に努めます。

  5. 社会との連携・協力

    幅広いステークホルダーとの共通理解の元、連携・協力を推進し、その期待に適切に対応していきます。

体制

全社員が安全に働ける現場を実現するためには、一人ひとりが安全についての意識を高めることが重要です。 TELでは「Safety First」を安全のスローガンとして掲げ活動しています。 全体を統括する「EHS会議」のもとに「装置安全推進会議」「作業安全推進会議」を設置しています。 装置安全推進会議では、装置の安全に関わる国際的な安全規格や各地域の法規に準じた設計ルールを適宜見直し、また新しい規制に関する該否と対応策の決定、展開を行っています。 また、作業安全推進会議では、お客さまの拠点、当社グループ会社での作業安全に関わる案件をグローバルな視点で協議し、施策を実行しています。 この会議体では、装置要因ならびに作業要因による人身事故や物損事故について原因を明らかにし、再発防止に取り組んでいます。

関連情報