人権とダイバーシティ

人権について

東京エレクトロンは事業活動のあらゆる面において人権尊重の重要性を認識しています。人権尊重の考え方を経営理念や倫理基準で定め、「性別、国籍、年齢、人種、信条、宗教等による差別」「強制労働」「児童労働」「ハラスメント行為」の禁止を明確にしています。差別のない誰もが働きやすい職場作りを目指し、社員研修や相談・通報窓口の設置など、人権問題の未然防止や早期把握・解決に努めています。

ダイバーシティ

女性活躍

行動計画

海外における売上高が 8 割強を占め、全世界においてグローバルにビジネスを展開する当社は、 多様な人材が活躍できる環境づくりを進めています。

女性従業員の活用については、「女性活躍推進法」に基づき、2019 年に向けた行動計画を策定し、 実施しています。この行動計画では、女性はもちろん男性も働きやすい職場環境を実現するため、 「年次有給休暇取得率 70%の達成」「職場におけるハラスメント防止」を目標に掲げています。 2016 年度の年次有給休暇取得については、取得状況の把握、計画的な取得にむけた意識啓発、定期的な取得状況のモニタリングなど、取得促進に取り組んだ結果、取得率 64.1%を達成しました* 。 またハラスメント防止については、主に規定の整備を行い、一部の子会社では、これに加えて相談窓 口・相談担当者の確立と周知、実効性ある教育研修の内容検討・展開などにも取り組みました。

* 国内グループ会社

国内各社の取り組み

女性の活躍に関する情報公表

2013年度2014年度2015年度2016年度
男性女性男性女性男性女性男性女性
平均勤続年数15年9ヵ月14年3ヵ月16年6ヵ月15年3ヵ月17年2ヵ月16年0ヵ月17年4ヵ月15年5ヵ月
15年7ヵ月16年4ヵ月17年0ヵ月17年1ヵ月
年次有給休暇消化率(%)59.661.862.664.1

*国内グループ会社(東京エレクトロンデバイス株式会社は除く)

くるみん認定

日本政府は、次世代育成支援の取り組みに優れた子育てサポート企業に対し、「くるみん」(次世代認定マーク)の認定をしています。東京エレクトロン宮城および東京エレクトロンテクノロジーソリューションズは、従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めて、多様な働き方を選択できる労働条件の整備などの目標を達成し、くるみんマークを取得しています。

女性エンジニア技術交流会

2017 年 2 月に、女性従業員を応援するイベントとして「女性エンジニア技術交流会」を開催しました。当日は、異なる家族環境や勤務環境で活躍する 5 名の女性エンジニアが発表者として自身の 専門分野や働き方を紹介しました。聴講者として集まった女性従業員全員に、当社での働き方はさ まざまな可能性を有することを知る機会を創出するとともに、それぞれが抱える悩みの解決や今後 に向けたキャリア形成の糸口を見つける機会となりました。交流会は、赤坂本社と国内の各拠点を 遠隔会議システムでつないだ環境で開催され、約 90 名の女性従業員が参加しました。

障がい者の活躍

多様な人材が存分に能力を発揮できる企業を目指し、障がいをもつ社員が安心して就労できる環境の整備と雇用の促進を実施しています。当社における障がい者雇用比率は2.13%、国内グループ会社で1.98%となっています。*

* 2017年3月31日現在

Voice | 障がいをもつ従業員の活躍

2015年に入社し、現在は、パーツの輸出の承認業務を担当しています。働くに当たり、負担が少ない自動車通勤が認められている他、私が書類を置きやすい高さのキャビネットを社内で使用してもらう、車イスでの移動がしやすいよう出入口に近い場所にデスクを置いてもらうなど細かい配慮を受けています。私がこの会社について一番嬉しく思うのは、障がいをもつ者としてではなく、健常者と同じように扱ってくれるというところです。例えば、私の採用選考の過程では、私のスキルや経験そのものを評価してもらえたと感じました。今後も会社の期待に応えられるよう、仕事に励みたいと思います。

輸出・物流管理部
鈴木 明彦