人材開発

人材開発についての考え方

東京エレクトロングループでは
1. 社員の自己啓発と自己責任が能力開発の基本である
2. 職場・現場が人を育てる
3. 会社は気づきを提供し、仕組みを構築する
の3点を人材育成の基本方針に据え、社員の自ら学ぶ姿勢や精神を尊重しながら社員の教育および育成を継続しています。

人材開発体制

当社では、社員自ら自律的なキャリアを形成し、自己実現することを目指し、社内共通教育機関としてTEL UNIVERSITYを設置しています。TEL UNIVERSITYでは、世界で通用する知識・スキルを習得するプログラムに加えて、階層や目的に応じたプログラムを展開しています。

people04_201808.jpg

人材開発の取り組み

リーダー育成

中長期的な企業価値向上を実現する経営後継者を発掘し、計画的に育成するプログラムを実施しています。2017年度は、中堅社員層からの選抜メンバーを対象に、リーダーに求められる経営の基礎研修に加え、社内外の経営者との交流、ビジネス課題の解決策提言に取り組みました。今後は、さらに経営者として視点を上げることができる実践的プログラムを予定しています。

マネージャー育成

従業員一人ひとりが価値を創造していくためには、マネージャーの存在が重要です。2017年度は、マネージャーの育成を目的として、マネージャーの役割や責任、求められる行動を理解し、組織運営や部下の育成に生かすための研修や、実践的なワークショップなどを実施しました。

ステップアップ活動

当社では若手社員の自律を目的として、入社2 年目の夏から約半年にわたりステップアップ活動を実施しています。実際の仕事の中で、若手社員自らがテーマと目標を設定し活動構想を企画して、上司をはじめ周囲の協力を得て仕事を進めることにより、学びや成長への気づきを生み出す機会となっています。

ライフデザインセミナー

当社では、各年代にあわせた従業員のキャリア形成を支援しています。51歳以上の社員には、ライフデザインセミナーを毎年開催し、定年退職に当たって必要な知識や情報提供に加え、退職までの過ごし方や退職後のマネープランなど、次のキャリアやライフプランに役立つプログラムを提供しています。

Visionary Talk

従業員の先見性や創造性を養うことを目的に、さまざまな分野の専門家・見識者に未来像を自由に語っていただく「Visionary Talk」を2015年より開催しています。2017年12月には、テクノロジー, デザイン, 経営分野で第一人者の方々による講演を実施。ワールドワイドで約800名の社員が大きな刺激や感銘を受け、自身を見直し新たな発想を得る絶好の機会となりました。