製品に関わる環境法規制における取り組み

東京エレクトロンは、製品に関わる各国の環境法規制を遵守するために、早期に情報を収集し、適切な対応に取り組んでいます。例えば、EU REACH規則*1 への取り組みとして、成形品中の高懸念化学物質の含有を調査し、適切な情報提供をおこなっています。また、GHS*2 規制への取り組みとして、化学品を販売する際は、安全データシート(SDS)を提供しています。

2017 年度は、新しい環境IT システムを導入し、サプライチェーンとのより効率的な情報共有を可能としました。また、頻繁に改正される環境法規制の説明と対応について、全従業員を対象とした「製品環境法規制適合講座」を引き続き実施しています。お取引先さまに対しても、各環境法規制情報の提供をおこなっています。なお、2017 年度は環境法規制に対する違反はありませんでした。

今後も、各国環境法規制の情報を迅速に把握するとともに適切な対応に努めてまいります。

*1 EU REACH 規則: EU Registration,Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicalsの略。化学物質の登録、評価、認可、制限に関する規則
*2 GHS: Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals の略。化学品の分類および表示に関する世界調和システム