製品に関わる環境法規制における取り組み

当社は、製品に関わる各国の環境法規制を遵守するために早期に情報を収集し、適切な対応に取り組んでいます。例えば、EU REACH 規則*1への取り組みとして、成形品中の化学物質の含有を適宜調査し、情報提供をおこなっています。これまで調査様式として、JAMP *2が提供するアーティクルインフォメーションシート(AIS)フォーマットを使用していましたが、2020 年度より、ppb *3濃度での化学物質規制に対応すべく、業界・国際標準普及を目指したchemSHERPA *4フォーマットを導入します。また、GHS *5規制への取り組みとして、化学品を販売する際には、安全データシート(SDS *6)を提供するとともに化学品の現地調達を進めています。頻繁に改正される環境法規制の説明と対応においては、全従業員を対象とする「製品環境法規制適合講座」を継続的に実施し、お取引先さまに対しては各環境法規制情報を提供しています。今後も各国環境法規制の情報を迅速に把握するとともに、適切な対応に努めていきます。

*1 EU REACH規則:EU Registration, Evaluation, Authorization and restriction of Chemicals 。化学物質の登録、評価、認可、制限に関する規則
*2 JAMP: Joint Article management Promotion consortium。アーティクルマネジメント推進協議会
*3 ppb: 10 億分の1
*4 chemSHERPA:製品に含有される化学物質情報をサプライチェーン全体で適正に運用するためのデータ作成支援ツールの名称
*5 GHS:Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals。化学品の分類および表示に関する世界調和システム
*6 SDS:Safety Data Sheet(安全データシート)。事業者が化学物質および化学物質を含んだ製品を他の事業者に譲渡・提供する際に交付する化学物質の危険有害性情報を記載した文書のこと