環境マネジメント

環境についての考え方

東京エレクトロングループは、Technology for Eco Lifeのスローガンのもと、最先端の技術とサービスで、環境問題の解決を目指します。あらゆる事業活動において、環境負荷低減と地球環境保全を目指し、さらに生物多様性にも配慮した環境活動により、持続可能な社会の実現に貢献します。

環境方針

  1. 環境目標と継続的改善

    環境目標を設定し、製品ライフサイクルの環境パフォーマンスを向上させるため、環境マネジメントシステムを継続的に改善します。

  2. 法令等の遵守

    環境関連の法令を遵守するだけでなく、環境問題を幅広く調査し、自主基準などを制定します。

  3. 製品での環境貢献

    最先端技術を駆使し、環境適合型製品を開発します。顧客や取引先と連携・協力し、環境問題の未然防止と改善に努め、持続可能な社会の実現に貢献します。

  4. 事業活動での環境負荷低減

    事業活動における環境負荷を定量的に把握し、その低減を含む環境活動を従業員と一体となって、積極的かつ継続的に行い、汚染の予防と環境保護に努めます。

  5. 社会との連携・協力

    ステークホルダーとの共通理解のもと、連携・協力を推進し、その期待に適切に対応していきます。

    2016年7月1日改訂

体制

環境活動をグループ全体で推進するため、本社にQ-EHS 推進室を設置しています。 そして、グループ各社の役員が「製品環境コンプライアンス会議」「事業所環境価値会議」のメンバーを任命し、これら会議体で環境目標達成に向けた活動を行っています。 年二回開催される「EHS会議」では、環境目標の進捗を確認し、継続的に改善を進めています。

また、1997年より製造子会社を中心にISO14001に基づく環境マネジメントシステムを運用しています。2017年3月に、それまで国内の各事業所で取得していたISO14001の一括認証を取得しました。一括認証に合わせ、環境影響評価、有益な環境側面の抽出、環境マネジメントプログラムや内部監査チェックリストのフォーマットをグループ全体で統一しています。2017年度は、グループ全体で階層別に合計約100の環境目標を設定し、改善活動を実施しました。また、アジア地域の各拠点での活動の進捗を、TELの本社にて確認する仕組みを整えました。活動の進捗や法規制の遵守状況は、内部監査や第三者による監査により確認されています。2018年5月には、米国マサチューセッツ州のTEL EpionとTEL NEXXの拠点においてISO14001の認証を取得しました。これらの活動を通して得られた課題は、EHS会議で検討、製造会社社長会へ報告し、グループ全体で環境活動を推進しています。このようなマネジメント体制のもと、2017年度も環境関連の事故・違反、またこれらに関わる訴訟などはありませんでした。

ISO14001 認証取得状況

社名事業所名認証取得年月
東京エレクトロンQ-EHS推進室(府中事業所)1998年5月
東京エレクトロン テクノロジーソリューションズ山梨事業所(藤井/穂坂地区)東北事業所
東京エレクトロン九州合志/大津事業所
東京エレクトロン宮城大和事業所
Tokyo Electron (Kunshan)-2013年3月
TEL FSI-2013年3月

Tokyo Electron Korea

Balan Factory2014年7月

TEL Epion

-2018年5月

TEL NEXX

-

関連情報