調達マネジメント

調達についての考え方

東京エレクトロングループが目指す価値の高い製品づくりは、製品を構成するすべての材料、部品の機能が発揮され、高品質を追求することを基盤としています。取引先さまとのコミュニケーションを大切にし、継続した信頼関係に基づき、ものづくりにおいてグローバルで共に成長し続けます。

調達方針

  1. 法令・社会規範およびRBA行動規範*の遵守

    各国の法令、社会規範およびRBA行動規範を遵守し、企業倫理に基づいた誠実な調達活動を行います。


    *RBA行動規範:Responsible Business Alliance Code of Conduct
    http://www.responsiblebusiness.org/standards/code-of-conduct//
    CSRアライアンスであるRBA行動規範は、サプライチェーンにおいて、労働環境が安全であること、労働者に対する敬意と尊厳を持って処遇すること、 さらに環境への責任とともに業務を倫理的に行うための基準を規定しています。
  2. 環境優先

    地球環境保全、環境負荷低減に十分配慮した調達活動を行います。

  3. 公正な取引

    価値の高い技術を継続的に追求し、自由な競争を前提として、門戸を広く開放し、公正な取引の機会を提供します。

  4. パートナーシップ

    取引先との相互理解に基づく信頼関係を重視し、双方の継続的な成長を目指した活動を行います。

  5. 情報管理

    業務上知り得た取引先の機密情報を適正に管理します。

調達方針附則文書:取引先さまへのお願い

東京エレクトロングループは、社会の発展に貢献するため、取引先さまとともに、RBA行動規範および当社倫理基準の遵守に努め、健全かつ持続的な成長を目指します。この実現に向けて、取引先さまにもご協力いただきながら進めてまいりますので、以下の事項につきまして、積極的な取り組みをお願い申し上げます。

  1. 関連法令、社会規範およびRBA行動規範の遵守

    次にあげるもののほか、取引先さまが事業を営む国および地域において適用される法令、社会規範およびRBA行動規範の遵守をお願いします。
    ・ 児童労働や強制労働の禁止をはじめとした労働関連法令の遵守
    ・差別の禁止をはじめとした基本的人権の尊重
    ・知的財産権の保護
    ・輸出入関連法令の遵守
    ・反社会的勢力との関係遮断

    【紛争鉱物問題への対応】
    当社では、紛争鉱物に関する取り組みを企業としての社会的責任ととらえており、不正な資金、または非合法な方法により採掘・採取された紛争鉱物を使用した原材料、およびこれらが含有される部材・部品などの採用を排除する努力を推進していきます。そのために、当社ではOECD(経済協力開発機構)による「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・デリジェンスガイダンス」を参考に、「紛争鉱物レポーティング・テンプレート(CMRT)」を利用してサプライチェーンの調査、デュー・デリジェンスを実施していきます。 取引先さまにおかれましても、これらの紛争鉱物対応にご協力いただくようお願いします。

  2. 労務環境

    基本的人権の尊重についてはもちろん、自主的な基準を整備し、安全で健康な職場環境の整備をお願いします。

  3. 環境活動

    当社のグリーン調達ガイドラインに従い、ISO14001の取得など、環境保全体制の整備を行うとともに、積極的に環境保全活動に取り組み、かつ省資源化に配慮して環境負荷のより少ない部品、材料の使用および生産に努めていただくようお願いします。

  4. 管理体制

    当社グループとの取引基本契約書、個別契約書などの契約および取り決めに従い、安全、衛生、環境、品質、労務などに関する管理体制の構築と継続的な改善活動の実施をお願いします。

  5. 技術力

    顧客ニーズに適した製品・サービスを提供するために、常に技術力の向上、技術革新に努めていただくようお願いします。

  6. 品質

    開発・設計時点からのつくり込みや変更管理の徹底により、当社グループが求める仕様を満たす高品質の製品およびサービスの提供をお願いします。

  7. 供給・提供体制

    納期に則した確実な製品供給と、迅速なサービスの提供を行っていただくとともに、急激な需要変動にも対応できるよう、安定的かつ柔軟な製品・サービスの供給・提供体制を整えていただくようお願いします。また、災害などの不測の事態が発生した場合に対処できるよう、事前対策、体制整備など供給・提供リスクの低減施策を計画的に進めていただくようお願いします。

  8. 価格

    競争力のある価格で製品・サービスを提供し、継続的な原価低減努力を行っていただくようお願いします。

  9. 事業経営

    継続的な取引を行うため、健全で安定した事業経営を行っていただくようお願いします。また、それを確認するために必要な財務情報、会社情報などを開示していただくようお願いします。

  10. 情報セキュリティ

    機密情報の漏洩を防止する体制を整え、当社グループとの取引を通じて知り得た情報は厳密に管理していただくようお願いします。

体制

東京エレクトロンでは、円滑な製品製造を支える健全なサプライチェーンを構築するために、調達方針に基づき、取引先さまとの信頼関係を保ちながら公正な調達を行う体制を構築しています。調達体制の責任者である代表取締役社長のもと、「製造会社社長会」、「資材部門長会議」などの会議を実施し、調達業務におけるさまざまな課題を共有しています。会議では具体的な改善案が検討されるとともに取引先さまとのパートナーシップ強化に向けた取り組みも協議しています。

関連情報