サプライチェーンコミュニケーション

取引先さまとの連携

東京エレクトロンでは、日常のコミュニケーションに加え、取引先さまとの関係強化の場として「生産動向説明会」や「TELパートナーズデイ」を開催し、経営計画、市場動向、事業方針、CSRの取り組みについて情報を発信・共有しています。また、特に優れた取引先さまを表彰させていただき、日頃のご協力に謝意をあらわすとともに、引き続き健全なサプライチェーンの構築に向けた活動へのご理解とご協力をお願いしています。

製品の品質を向上させるためには、取引先さまとの強いパートナーシップ構築が欠かせません。当社では、品質の維持・向上に向けた取引先さまへの期待を具体的なものにするため、2000年より独自のアセスメントシステムであるSupplier Total Quality Assessment(STQA)を実施しています。

新規取引を開始する際には、このSTQAにより、製品品質やコスト、情報セキュリティ体制ならびに人権・倫理・安全・環境など企業の社会的責任分野の取り組みについて、セルフアセスメント形式でチェックします。リスクがあると判断した場合は、規定の試験をクリアし講習会を受けた監査員が取引先さまを訪問、現場で不適合箇所や当社が期待する改善の内容、品質水準を説明した上で、取引先さまのご理解のもと、当社が発行する改善要求書をもとに改善策の立案・実行をお願いしています。要求内容と改善策は当社内で一括管理し、すべての改善が完了するまで取引先さまを継続的にサポートします。重要部品を扱う取引先さまや品質問題が発生した取引先さまでは3 年ごとに現場での監査を実施しています。

また、装置を構成する部品やユニットの設計上や、製造上の変更により発生する品質問題の削減、品質改善コストの低減のために、取引先さまに対する変更管理に力を入れています。以前より変更管理についての説明会を通じて、変更があった場合の申請のお願いを進めてきました。2015 年からは、より多くの取引先さまに品質管理における変更管理の大切さをご理解いただき、変更申請を徹底していただくため、ウェブを使ったトレーニングを実施しています。2016 年度は、約900 名にトレーニングを受講いただきました。

不具合の未然防止活動 - SQIP -

当社では、取引先さまと一体となり、部品の不具合の未然防止活動SQIP(Supplier Quality Improvement Program)に取り組んでいます。SQIP は、個々の取引先さまに過去に発生した不具合を深掘りしていただくことで、根底にあった問題(不良因子)を可視化し、未然防止活動に主体的に取り組んでもらうことを目指したプログラムで、「不具合件数の半減」を目標に実施しています。

取引先さまには、品質管理システムのセルフアセスメントをもとに、過去のトラブルが受注、設計、生産、検査、教育など、自社のものづくりのどこに起因するのかを細かく分析していただくことで、弱点をつかみ、システムや作業方法の改善につなげています。

QCパトロール

製品を構成するモジュールをつくる工程では、正確さが厳密に求められます。当社は「圧着作業」「半田作業」「端子台接続作業」など、装置の安全性や寿命に大きく影響する作業でありながら、外観だけでは正常な状態か不備な状態かが分かりにくい作業を、重要基本作業と位置づけています。そして取引先さまの現場において、当社が認定したトレーナーによるテストをクリアした一定のスキルをもつ人材が重要基本作業を行える仕組みを構築しています。加えて、当社の品質や製造部門の担当者が取引先さまを訪問し、作業状況をチェックするQC パトロール活動で確認しています。上記のみならず、「水路溶接点検」「ガスパーツリーク&クリーン点検」についても技術部門と品質部門が共同でQCパトロール活動を実施しています。

さらに、当社が推進しているTPM*活動は、自社だけでなく、取引先さまにもご参加いただき協働しながら進めています。具体的には、一つの装置を製造する際、その工程には複数の取引先さまが関わりますが、そこに当社社員が現場改善メンバーとして加わりチームとして結束し、生産性向上、品質改善に取り組みます。一例として、このTPM活動を取り入れることで、モジュール組立およびシステム組立工程において、30%の工数削減を実現しました。また、この活動は取引先さまの次世代改善活動メンバー育成の役割も担っています。

* TPM:Total Productive MaintenanceもしくはManagementの略

業界団体との連携

当社は、2015年6月にCSRアライアンスであるRBA*に加盟しました。RBAは、サプライチェーンを通じて労働、安全衛生、環境、倫理の改善を推進するために行動規範を規定しています。当社は、RBA行動規範に基づき、他の国内加盟企業とも連携しながら、健全なサプライチェーンの構築に取り組んでいます。

* RBA: Responsible Business Allianceの略