生産性向上経営効率向上の継続的な追求

東京エレクトロンでは、統合基幹業務システムの展開とともに各部門における業務システムの統合やデータベースの一元化などにより、業務の標準化や自動化を推進し、バリューチェーン全体における生産性のさらなる向上に取り組んでいます。また、品質マネジメントの重要性を認識し、品質優先のオペレーションを実践することで、経営効率のさらなる向上に努めています。さまざまな教育プログラムを展開することで従業員一人ひとりの生産性に関する意識と能力を高めるとともに、お取引先さまとも協働でサプライチェーン全体における継続的な品質改善活動を実施しています。生産性の向上を継続的に追求し、企業価値を高めることに努めていきます。

SDGsへの取り組み

  • 生産性の向上を推進し、継続的に経営効率を高め、産業や社会の発展に貢献し、サステナブルな経済成長に寄与
  • バリューチェーン全体における業務効率化や品質マネジメントを推進し、サステナブルな生産消費形態を確保
  • お取引先さまとのパートナーシップによりサプライチェーン全体における生産性の継続的な向上を追求
SDGs 8 働きがいも経済成長も、SDGs 12 つくる責任つかう責任、SDGs 17 パートナーシップで目標を達成しよう