Introductionイントロダクション

インテリジェンス

No.017 量子コンピュータの実像を探る

2017年、量子コンピュータ実用化にまつわる国内外のニュースが、メディアをにぎわせる機会が増えてきました。

こうしたニュースには、さまざまな扇情的なキーワードが並びます。たとえば「従来のコンピュータと比べ処理能力が一億倍速い」だとか、「消費電力が1000分の1〜100万分の1に抑えられる」などというものです。

このため「量子コンピュータが、スーパーコンピュータなどの従来コンピュータに取って代わるのではないか」、「量子コンピュータさえあれば全ての問題が解決できるのではないか」と考える人も出てくるかもしれません。

しかし、当然のことですが、そんな万能なコンピュータはありません。
スーパーコンピュータなどに代表される従来コンピュータが得意とする分野、AIが得意とする分野があり、それぞれの得意分野ごとにコンピュータを使い分けて利用すべきなのです。

では、量子コンピュータが得意とする分野とは、果たして何なのでしょうか?
今回の特集では、従来コンピュータ、AI、そして量子コンピュータまで網羅して開発を進める富士通研究所や、従来の半導体技術で量子コンピュータ並みの性能を発揮するコンピュータを開発した日立中央研究所。そして、世界初の商用量子コンピュータ開発の根本的なアイデアとなっている、量子アニーリング方式の提唱者、西森秀稔東工大教授などへの取材を行いました。

量子コンピュータとは、どんなマシンなのか。量子コンピュータには何ができるのか。従来コンピュータ、AIと組み合わせて使用したときに、どんなことが期待できるのかといった、現在の量子コンピュータの実像を明らかにします。

No. 017

特集:量子コンピュータの実像を探る

量子コンピュータが描く明るい未来

技術の積み重ねが宇宙への階段に
前編 後編
堀江 健志 × 齋藤 和紀

Expert Interview

山岡 雅直氏
CMOSチップでアニーリングマシンを作製、組合せ最適化問題を解く
株式会社日立製作所 
研究開発グループ エレクトロニクスイノベーションセンタ 
情報エレクトロニクス研究部 
主任研究員
山岡 雅直
ロナルド・ハンソン氏
CMOSチップでアニーリングマシンを作製、組合せ最適化問題を解く
キューテック サイエンティック ディレクター
ロナルド・ハンソン
ロナルド・ハンソン氏
簡単操作で結果が得られる量子コンピュータの凄さと課題
東北大学大学院 情報科学研究科 応用情報科学専攻 准教授
大関 真之

Visiting Laboratories

東京工業大学西森研究室を訪ねて
東京工業大学西森研究室を訪ねて

Series Report

連載01

ネット革命第2波、ブロックチェーンの衝撃

ブロックチェーンの応用で銀行も政府も不要に

第1回 第2回 第3回

連載02

ヒトの能力はどこまで強化・拡張できるのか

脳の潜在機能を引き出す

第1回 第2回 第3回

ナノテクミュージアムから最新情報をお届けします。FacebookFACEBOOK
MAIL MAGAZINE